毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

本、雑誌、コミックはエイアンドエフ Yahoo!店で買う



LODGEの底までまるい鉄鍋の本 -ボウルパンレシピ40- LODGEの底までまるい鉄鍋の本 -ボウルパンレシピ40-

LODGEの底までまるい鉄鍋の本 -ボウルパンレシピ40-はダッチオーブンやスキレットでおなじみの、アメリカのアウトドア調理器具メーカー、LODGE(ロッジ)のボウル形状の鉄鍋であるボウルパンを活用したレシピ&ブランドブックです。
こちらは購入いただいて直ぐにレシピ通りのお料理ができるようにサクサク使えるミニサイズ半球型の鋳鉄フライパン(ボウルパン)が付属したお得なセットになります。
フードディレクター・川上ミホさんが考案した40(正確には41種類!)のレシピを掲載しています。どれもおしゃれで洗練された、それでいて初心者にも難しくないレシピばかりです。
焼く・炒める・揚げる・煮る・炊く・蒸す のすべてをこの鍋ひとつでまかなえるので、表紙を彩るガーリックシュリンプやオムレツ、カレーなど人気の定番から、カンパーニュやズコットまで! 果てはアイスクリームのミキシングなんて変化球的な使い方も。掲載する約40種のレシピは、お家のレンジで作れるものが中心ですが、LODGEらしいアウトドアで豪快に作りたいレシピも含まれています。※こちらは数量限定発売となります。

ダッチオーブン・クッキング A&F BOOKS ダッチオーブン・クッキング A&F BOOKS

ダッチオーブン・クッキングはアメリカで唯一の鋳鉄ダッチオーブンを作っているLODGE社が作った、料理解説本の日本語訳本です。
西部開拓時代から続く鉄鍋レシピの知恵と工夫を余すことなく紹介したレシピ集です。

■著者:ジェイ・ウェイン・フィアーズ
■訳:和代・フリードランダー
■ページ数:カラー160ページ

庭 のびやかな建築の思考  A&F BOOKS 庭 のびやかな建築の思考 A&F BOOKS

建築界の異端「京都大学・竹山研」の類稀なる建築思考はどこからきたのか。
庭 のびやかな建築の思考は28年間にわたり数多くの建築家を輩出してきた「京都大学・竹山研」の学びと思考の軌跡を、出身者やゆかりの深い建築家、異領域のプロフェッショナルとの応答から紐解く。

■著者:竹山聖
■編集:京都大学竹山研究室
■ページ数:464ページ

LODGE ロッジのキャストアイアン王国 LODGE A&F BOOKS LODGE ロッジのキャストアイアン王国 LODGE A&F BOOKS

LODGE ロッジのキャストアイアン王国はLODGE創業者ジョセフ・ロッジとその家族やゆかりの人々、LODGEを愛するシェフや料理編集者たちのレシピ集です。
各地で代々受け継がれてきたアメリカの味が家族のエピソードとともに楽しめます。キャンプでじっくり楽しみたい肉料理、季節の野菜が満喫できるサイドディッシュ、ガンボやジャンバラヤといった南部料理やメキシコ風の料理もたくさん掲載!!
アメリカの食卓に欠かせないコーンブレッドも、全米のコンクールで入賞した様々なレシピをご紹介!!
LODGEは、世界中で愛されているキャストアイアン(鋳鉄)調理器具アメリカNo1メーカーです!

■全287ページ
■編:パム・ホーニグ
■訳:カズヨ・フリードランダー
■装幀:芦澤泰偉
■レシピ数:152品

大統領の冒険 A&F BOOKS 大統領の冒険 A&F BOOKS

「大統領の冒険」がA&F出版部門より発売されました。
2005に世界最大の出版社ランダムハウス社の傘下にあるダブルデー社から出版され、ニューヨークタイムス紙のベストセラーになった本です。
ウィリアム・ロックヒル・ネルソン賞を獲得したほかにも主要新聞のブック・オブ・ザ・イヤーに名を連ね、全米の批評欄で高い評価を得て、本書で作家デビューしたキャンディス。ミラード女史の歴史作家としての位置を確固とした作品です。

■著者:キャンディス・ミラード
■訳者:カズヨ・フリードランダー
■ページ:475ページ

香ばしくて、しましまのグリルパン料理! A&F BOOKS 香ばしくて、しましまのグリルパン料理! A&F BOOKS

香ばしくて、しましまのグリルパン料理! はスキレットの素材の味を引き出す力に、凸凹の鍋底がつくる香ばしさ!10分でできるパン料理から、ごはんのおかず、本格料理まで。
見た目もお洒落な新しいレシピブックです。肉、魚、野菜、パン、お菓子まで… 全42 品収録!

●出版社からのコメント、日本で一番人気のLODGE鋳鉄製スキレット6 1/2"に、日本先行販売で6 1/2"グリルパンが発売されました。この新しいグリルパンによる、新発見のバラエティに富んだレシピー紹介本です。重厚な鋳鉄グリルの凸凹による香り高い焼きしましまと、熱の輻射熱により素材の美味しさを一層引き立てた調理ができます。今まで体験したことが無かった、新感覚で美味しいバリエーションに富んだ調理をチャレンジできます。キッチンでレシピー頁を見ながら調理ができるよう、開きやすく丈夫な糸かがり仕様で作られています。

■著者:山田英季
■ページ数:96ページ

血めぐり薬膳 A&F BOOKS 血めぐり薬膳 A&F BOOKS

血めぐり薬膳は薬膳の中でも特に「血めぐり」=血行促進に焦点をあてた薬膳レシピ集です。
薬膳とは、自然の食材が持つ生命エネルギーを最大限に引き出して、からだの自然治癒力を高める食事術。
難しい料理のように誤解されがちですが、ごく身近で手に入る食材で、かんたんに作ることができます。血めぐりをよくする薬膳は、食べることでからだが温まり、冷えが改善され、代謝が高まってダイエットやアンチエイジング、病気予防にもつながります。薬膳は毎日続けるのが効果的です。そのため本書では、忙しい女性や料理が苦手な女性でも手軽に実践できる作り置きレシピを豊富に掲載。毎日飽きずに続けられるよう、食材や味つけを変えて何パターンにもアレンジできる方法も紹介しています。続けるうちに血めぐりがよくなり、健康&きれいが手に入るはず。特に、冷え、肥満、老化、婦人科トラブルなどに悩んでいる女性は、ぜひ手に取ってみてください。

■著者:坂井美穂
■ページ:128ページ

ひらく2  A&F BOOKS ひらく2 A&F BOOKS

ひらく2は知識と感受性と想像力に関わる文化全般へ「ひらく」。充実の第2号、ついに刊行!「増ページ!価格据え置き」。

現代文明や日本文化についての本質的な論議の場所を作り、混沌たる現代に対する思想的な座標を見出すために──。
できあがった冷めた知識の提供ではなく、むしろできつつある未成熟な知識の実験的な登場にも道をひらき、またまだ十分に執筆の場をもてない若い人たちの積極的な参加も歓迎しつつ、われわれの試行が、読者の皆さんとともに、今日の我が国の知的文化に対してささやかな寄与ができればと念じています。

■著, 監修, 編集:佐伯啓思
■ページ数:304ページ

サバイバルマインド A&F BOOKS サバイバルマインド A&F BOOKS

サバイバルマインドは数々の困難と極限を乗り越えてきた女性サバイバーの著者であるミーガン・ハイン生死をかけた冒険の数々を語りながら、限界に近づいたときに人間に何が起こるのかを見せてくれる著書です。
サバイバルのための人間の能力と直観を探求し、著者自身の経験がたっぷり盛りこまれている『サバイバルマインド』には冒険があふれ、どんな危機的状況でも生き残り、人生で何が起ころうとも立ち向かっていけるように導いてくれる。

■著者:ミーガン・ハイン
■訳:田畑 あや子
■ページ数:268ページ

異論のススメ・正論のススメ A&F BOOKS 異論のススメ・正論のススメ A&F BOOKS

異論のススメ・正論のススメは日本を考えるための必読書というテーマで、朝日新聞 2015年〜2018年掲載41編・産経新聞 2009年〜2018年掲載78編の人気のコラム119編まとめて1冊の本にしました。
朝日=左翼、産経=右翼、そして両者は水と油などという白黒図式にはかなり違和感を持っていた。もう、こんな簡単な図式で割り切れる時代でもないし、思想的対立ならともかく、感情的、イデオロギー的対立ばかりではどうにもならない、とも思っていた。それよりも、右でも左でもない、あるいは、部分的には右でも左でもある本当の「保守」の立場にたって、産経であろうと朝日であろうと、社会評論をやる方が、今日、はるかに重要なのではなかろうか、と思ったのである。--------------------- 「あとがき」より

■著者:佐伯 啓思
■編集:今井 章博
■ページ数:425ページ

久松農園のおいしい12力月 A&F BOOKS 久松農園のおいしい12力月 A&F BOOKS

食べることは生きること。
ひとかじりの野菜が、一口の料理が生きる力をよみがえらせる。
2人が教えてくれた本物の野菜と料理が持つ力。

久松農園のオーナー、久松達央は年間100品目以上もの有機野菜をたくましく滋味深く育てることにこだわり、露地栽培する理論派の農業人。久松がもっとも信頼する発想の料理人、横田渉は毎月、久松農園に通い、その日その瞬間に出会った採れたての野菜と向き合い、畑から得たインスピレーションを一皿の創作料理に込めている。久松農園を舞台に2人が求め続ける「農業と食の理想の原点」を追った1年間の記録。

■著者:角田奈穂子
■ページ数:320ページ

山の神々 A&F BOOKS 山の神々 A&F BOOKS

山の神々は伝承と神話の道をたどる書籍です。
古来、日本人は自然物や自然現象のなかに現し世ならざる「何か」を感じ取り、それを神として崇め、多様な儀礼をおこなってきた。日本人の根幹を成してきた山岳信仰の源流を読み解く。
神のことを語る物語は神話と呼ばれ、集団の移動によって移動し、各地に拡散していきました。時代が下り宗教の力が弱まっていくと神話は民話や昔話に姿を変えました。そのような物語たちは時代によって改竄され、姿を大きく変え、一見、意味がわからなくなってしまったものも少なくありません。
しかし、各地の物語を比較することによって「前代の人生観」を炙りだしてみることはできるのではないかと僕は思います。――「まえがき」より

■著者:坂本大三郎
■ページ数:256ページ

バーバリアンデイズ A&F BOOKS バーバリアンデイズ A&F BOOKS

バーバリアンデイズは原題『Barbarian Days: A Surfing Life』で2016年のピューリッツァー賞「伝記・自叙伝部門」を受賞した大作の翻訳本です。
装幀は日本を代表するグラフィックデザイナー佐藤卓氏が手がけました。波を友として、一人の青年が時には悩み、切ない恋もし、世界を旅してジャーナリストに育っていく青春冒険自叙伝です。

●訳者メッセージ、気が遠くなるほど膨大な時間を海に費やしてきた著者は、忙しくも充実した毎日に翻弄されながらも、若き日と変わらぬ心で沖に向かう。その姿は、”心の赴くままに、好きなことに夢中になればいい。迷いながらでも、前に進めばいい”という人生の真理を至極単純な形で浮かび上がらせる。本書が伝えてくれる力強いメッセージがいつまでも途絶えることのないうねりとなり、オフショアの風となって、読者の皆様が明日を生きるための糧になることを願っている。

■著者:ウィリアム・フィネガン
■訳:児島 修
■装幀:佐藤 卓
■ページ数:565ページ

日本の山ができるまで A&F BOOKS 日本の山ができるまで A&F BOOKS

日本の山は多彩で、同じ風景の山は一つもない。これは日本の山が古くからの様々な年代の地質からなり、地質が異なると山容も植生も変わるからである。大陸から分離した後、日本列島では隆起が始まり、火山活動も盛んになった。本書は5億年の歴史を繙き、日本の山の地質・地形と自然ができるまでを俯瞰したユニークな試みである。山を愛する読者必読の一冊。
本書では、山を構成する岩石の年代順、あるいは山ができた順番に話をしてみたいと考えました。いわば山を中心に日本列島の地史を再構成しようという試みです。以前登ったあの山は、日本列島の歴史の中でこんな意味をもっていたのかと、この本をみてその性格を再認識していただければ、と思います。(はじめにより)

■著者:小泉武栄
■ページ数:216ページ

ひらく(3) A&F BOOKS ひらく(3) A&F BOOKS

深甚なる危機の時代にあって、人間と文明の本質を問い直すために──。
『ひらく』第3号、ここに刊行!

日本と世界を大混乱に陥れたパンデミック──。
激しいグローバル競争のもとで、すでに経済を支える仕組みは、世界中で、危ういものとなっていました。また、過剰なまでの情報化は、われわれから、健全な常識や良識を奪い取っていました。
そうした状況に対して、新型コロナウイルスが突きつけたものは?──われわれの「生」を支える現代文明の皮膜が、いかに薄っぺらか、という事実ではないでしょうか。
パンデミックという事態を、真に深刻なものと認識するなら、それを現代文明の転機とし、われわれの死生観や文明観の見直しにつなげなければなりません。
『ひらく』はこの問いに、真摯に向き合います。ばと念じています。

■監修:佐伯啓思
■ページ数:304ページ