毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

本、雑誌、コミックはがく音で買う



韓国歌謡史I 1895-1945 / 朴燦鎬 韓国歌謡史I 1895-1945 / 朴燦鎬

1987年、晶文社から刊行されて、日韓大衆芸能研究に先鞭を付けた名著が大幅改稿され「決定版」として再刊される。さらに、その続編として韓国語出版されながら日本語叛は未刊のままだった『同2 1945-1980』も併せて発刊の運びとなった。
「韓国歌謡史I」では戦前(解放前)に韓国で発売された歌謡曲のSPレコードの検証を通して韓国近代化のなかで、韓国歌謡がどのように生まれ、育まれていったかを克明に記録。
「韓国歌謡史II」では、在日韓国人二世たる著者の視点は、戦後(解放後)における韓国歌謡の歩みと、この国に澎湃と興った「在日」の歌や音楽の隆盛の相互浸透を「韓日大衆歌謡史」として大胆に微細に展開し、いまだかつてない「在日文化論」のヴィジョンを鮮やかに提示した。
二巻で800頁を超える圧倒的ボリューム、初刊行より30年経た現在でも類書の追随を許さない歴史的名著が満を持してついに登場だ!

A5判 400頁上製本
発行元:邑楽舎
発売元:株式会社街から舎 

野村流音楽協会 野村流舞踊地謡 工工四 第二巻 野村流音楽協会 野村流舞踊地謡 工工四 第二巻

琉球古典音楽の最大流派、野村流の楽譜(工工四=くんくんしー)で、舞踊演目に特化、編み直された地謡(じうてー)用。
第二巻は「長者の大主」「女こて節」ほか27作品。伊差川世瑞、世礼國男の共著

沖縄地謡全集 照屋林助編著 沖縄地謡全集 照屋林助編著

野村流の大御所だった照屋林山が監修し、その息子の照屋林助が編集と執筆を担当した斬新な歌謡集。有名な歌も相当数紹介されているが、解釈・解説が一般的論説とかなり異なる。長い時間をかけて林助が自らの足でリサーチした「実際の島の歌」の姿が浮き上がる一冊

竹田の子守唄―名曲に隠された真実 藤田正 竹田の子守唄―名曲に隠された真実 藤田正

ミリオン・セラーのヒット曲がある日、ラジオから流れなくなっていた。日本のフォーク・ミュージックが世に送った美しい子守り唄のことだ。表舞台から消えた名曲。その「なぜ」を語るときがやってきた。元唄も、消えた理由も、うたい継ぐ人びとのことも…。

日本のフォーク・ミュージックが世に送った「竹田の子守唄」。日本三大民謡の一つとまで言われたヒット曲が、なぜ放送禁止になったのか? この歌に関わった人たちの証言から部落差別と竹田の子守唄の深い関わりを探る。

出版社 解放出版社 / 発売日 2003年2月20日 / サイズ 20.8 x 14.8 x 1.8 cm

怪盗疾る―型破り!明治侠骨伝 朝倉喬司 怪盗疾る―型破り!明治侠骨伝 朝倉喬司

1000件に及ぶ強盗行、度重なる脱走の果てに、情婦にした女は300人。国家激動の明治末期に、世上を騒がせた稀代の悪党「強盗亀」こと池田亀五郎の、激しくも愛おしい痛快ノンフィクション。

出版社 徳間書店 / 発売日 2000年10月31日 / サイズ 18.8 x 13.2 x 2.6 cm

★送料無料★沖縄 島唄紀行 (Shotor Library) 藤田 正、大城 弘明 ★送料無料★沖縄 島唄紀行 (Shotor Library) 藤田 正、大城 弘明

海の美しさ、市場の賑わい、ヘルシーな食材、異文化の香り…沖縄は強い磁力で人を引きつける。その磁場の一つ、島唄はしかし単なる「沖縄の民謡」ではない。今も次々と新曲が作られ、本土にも新しいファンを広げつつある、幅の広い現在進行形の音楽である。 先祖と自分を繋いで踊る「エイサー」、厳しい自然に耐える力を生み出す「トウバラーマ」、島であるがための別れをうたった「花風節」、大らかな世界に人をなごませる「花」、戦を知る人こそが語れる「さとうきび畑」などなど、全29曲を軸として、三線の音色に乗せて歌いこまれた自然と人の暮らしをさぐりつつ、ビジュアルに琉球弧を旅する。

Fela Kuti memorial 1 by 酒井透 Fela Kuti memorial 1 by 酒井透

フェラ・クティ、没後20周年記念!:アフリカ音楽史上、最も過激とされた「アフロ・ビートの王」、フェラ・クティをとらえた決定的写真集(その1)。世界の大衆文化を対象に活躍するカメラマン、サカイ トオルが、フェラの葬儀(1997年)にまでかけつけ、まとめた写真集(ポスト・カード型)です。第1集『Fela Kuti - memorial 1』は、取材が非常に困難だった地元レゴス(ナイジェリア)での伝説のライブや、彼のコミューンの内部などを激写。ボックスに12枚入り。