毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

本、雑誌、コミックはバレーボールNEXt OfficialShopで買う



バレーボールNEXt Vol.8(当ショップ限定付録付き) バレーボールNEXt Vol.8(当ショップ限定付録付き)

W杯を機に「男子バレーがおもしろい」と話題に。2020東京への期待が大いに高まっています。そこでVol.8を緊急発売。「新時代到来!」をテーマに、バレー界の今をお届けします。
・W杯でベストサーバーに輝いた西田有志は186cm。世界ではかなり小柄ですが、それでも人並み外れたプレーができる理由を、元日本代表選手で動作解析の専門家である増村雅尚氏との対談で明らかにします。
・人気企画「アスリートの肖像」(石川・柳田・山内・高橋)は、それぞれのW杯に焦点を当てました。
・人生をかけて勝負する福澤達哉のインタビューは、ぜひ読んでいただきたい自信作。
・恒例の「BEST SHOT」は45ページの写真集。W杯の迫力と感動を余すところなく詰め込みました。
・来季の代表入りに闘志を燃やすVリーガーや大学生にもスポットを当てています。
今号もオール男子バレー、オールカラー。16ページ増量で男子バレーの魅力が満載の1冊です。

バレーボールNEXt Vol.7(当ショップ限定付録付き) バレーボールNEXt Vol.7(当ショップ限定付録付き)

2019年はW杯の年。4年前のW杯で一躍日本バレー界の顔となった石川祐希、柳田将洋らが再びW杯に挑むことから、Vol.7は「W杯再び」をテーマに掲げました。
人気企画「アスリートの肖像」(米虫紀子氏書き下ろし)ではNEXT4の4年間を凝縮した記事をお届けします。
また、今秋、日本で開催されるW杯は、チームにとっても選手にとっても2020東京五輪につながる重要な大会となります。
そこで日本代表選手の思いや決意を余すところなく取材し、W杯はもちろん、その後も楽しんでいただける企画を満載しました。
さらにユニバーシアードをはじめ、次代を担う世代別日本代表チームや、バレーボールで人生を切り拓く人々を多岐にわたり紹介します。
今号もオールカラーで写真をふんだんに使ったお得な一冊となっておりますので、どうぞお見逃しなく!

24.7cm × 18.2cm・116ページ・オールカラー

※当ショップでご購入いただいた方限定で、「2019日本代表選手名鑑」を差し上げます。シニア、ユニバ、U23、U19の全55選手の名鑑となります。

バレーボールNEXt Vol.9 バレーボールNEXt Vol.9

今号は「海外で戦うということ」をテーマに、日本代表の柳田将洋主将をはじめ、海外リーグに参戦している選手にスポットを当てました。選手に「なぜ今、海外で戦うことが必要なのか」を問うと、その言葉に力を感じて50ページ以上の大特集となりました。約半年間、海外で生活し、コートで結果を出すことがすべての世界に身を置く選手の言葉を、写真とともに堪能してください。
国内最高峰の大会V・Leagueは、2019-20シーズンを見続けてきたライター、米虫紀子氏が総括します。また、清水邦広選手、関田誠大選手、山本智大選手ら、2020日本代表メンバーに名を連ねる選手の思いにも迫ります。もちろんリーグを牽引した西田有志選手、小野寺太志選手もクローズアップ。さらに春高バレーを沸かせた選手が集まる関東1部大学リーグ特集と、今号も盛りだくさんの内容(オールカラー)を凝縮してお届けします。

2019第71回春高バレーPhotoMemorial男子 2019第71回春高バレーPhotoMemorial男子

下馬評通りの強さでの優勝で優勝を飾った洛南高校。

大会の名場面と、出場全チームを画像で紹介。
大会の興奮がよみがえります。
選手や家族は出場の想い出に、ファンは記録として最適な一冊です!

手に入るのはこのサイトのみの限定商品です。

A4・64ページ・オールカラー

前を向いて歩こう 龍神NIPPON 心を奮い立たせるメッセージ集『龍神語録』 前を向いて歩こう 龍神NIPPON 心を奮い立たせるメッセージ集『龍神語録』

龍神NIPPONとともに、前を向いて歩こう! 選手の写真とメッセージ(解説付)が響く一冊。バレーボールNEXt 特別編集

石川祐希選手、柳田将洋選手ら、龍神NIPPON(全日本男子バレーボールチーム)の選手たちの、
心を奮い立たせるメッセージ集です。
彼らが自分自身を奮い立たせてきた言葉、チームを鼓舞してきた言葉には力があり、
私たちに勇気・元気・本気を与えてくれます。
その言葉を身近に置いて、選手とともに前を向いて歩きましょう。

<本書の特長>

◎これまでの取材の中から、選りすぐりの写真と言葉を収集!

◎言葉の背景や意図がわかる解説付ですので、写真はもちろん、読み物としても楽しめます。

◎生活の中で実践できるワンポイントアドバイスも!

◎持ち歩くにも手頃なサイズです。

◎「好きな選手の写真を飾りたい」「友達にプレゼントしたい」などという声に応えて、全ページにミシン目を入れました。
切り離して、カードとしても活用できます。

◎バレーボールをはじめ、スポーツをしているお子さんへのプレゼントにも最適です。

18cm x 12.8cm・64ページ・オールカラー

バレーボールNEXt Vol.2 バレーボールNEXt Vol.2

「男子バレーを国民的スポーツに」をコンセプトに、バレーボールの魅力や男子バレー界の今を魅力たっぷりにお届けする、『バレーボールNEXt』の第2号。

注目のテーマは、「戦う男たちのトークまつり」です。
国内最高峰の大会『V・プレミアリーグ』で、熱い戦いを繰り広げた8チームの主力によるシーズンの振り返りは、選手・チームの個性を感じ取れて、読み応え十分です。
サントリーサンバーズのルーキー、柳田将洋選手と山本 湧選手の対談も実現しました!
前号の『南部正司監督が語る!』は、好評につき第2弾を敢行。
今号ではOQT(男子は5月28日からスタートするリオ五輪予選)の戦い方にフォーカスしました。
前号で語ったリオへのシナリオを現実のものとするために、南部監督が考えるOQTの戦い方とはいかに!

誌名のとおり、バレーボール界の未来を照らす『バレーボールNEXt』では、
2020年東京五輪はもとより、その先を見据えてアンダーカテゴリーの強化を図る酒井新悟監督を直撃。
熱き思いや指導法に迫ります。
合宿で初対面を果たした石川祐希選手と金子聖輝選手の対談では、石川選手の先輩ぶりに注目です!

24.7cm × 18.2cm・116ページ・オールカラー

バレーボールNEXt Vol.5 バレーボールNEXt Vol.5

2018バレーボール界の主役は誰だ?
Vリーグで、大学で、名乗りをあげる男たちの心情がびっしり詰まった、至極の一冊です!

来季の代表選考につながるV・プレミアリーグ2017/2018が開幕!

柳田将洋選手、大竹壱青選手はドイツで、石川祐希選手はイタリアで武者修行を敢行!

一人ひとりが熱い思いで励んでいる今、
Vol.5では“男たちの決意"をテーマに五輪を目指す選手たち(社会人・大学)を一挙掲載します。

日本チームの核となる石川祐希選手、柳田将洋選手、山内晶大選手、高橋健太郎選手は、
人気企画「アスリートの肖像」第3弾(米虫紀子氏書き下ろし)で、より深くお伝えします。

柳田選手はドイツでの新生活も現地取材。

石川祐希選手の大学生活最後の大会となる全日本インカレの模様もお届けします

今村貴彦選手はあの企画で登場です。

今号もオールカラーで写真を贅沢に使った一冊となっていますので、どうぞお見逃しなく!

24.7cm × 18.2cm・116ページ・オールカラー