毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

パワーストーン -> 天然石(原石)を楽天市場で買う

天然石 ブレスレット 成功・幸運 テクタイト 10mm玉チベット産天眼石 スモーキークォーツAAAAA レッドパワーストーン レディース メンズ 【ネコポス不可】 ギフト プレゼント 贈り物 男性 女性 男 女 誕生日 ラッピング 包装

ギフト対応 発送日 について 在庫がある場合は、 翌営業日〜2営業日までの発送を心がけております。 ※土、日、祝日は除く 発送の 注意点 ※ご注文の混雑状況・お支払方法などにより、前後することがございますので上記の表示は目安としてご参考にしてください。 ◆”在庫なし”になる場合のご注意。◆  |天然石|パワーストーン|商品が "在庫なし"となりますと、  天然石の品質・クオリティーなどから  6ヶ月以上入手できない場合もございます。  ご了承下さいませ。 |天然石|パワーストーン| 使用した天然石 |天然石|パワーストーン|    テクタイト 10ミリ玉  天眼石 8ミリ玉  スモーキークォーツ 8ミリ玉  グレーオーラ 8ミリ玉  ヘマタイト カット 3ミリ玉  メタルパーツ *ゴムを使用しております スタッフからの コメント  クールなイメージのブレスレット。  全体的に黒っぽい仕上がりですが、  グレーオーラとメタルパーツが  アクセントになっておしゃれです! ※画像の|天然石|パワーストーン|について  パソコン、モニターの環境によって若干色合いなどが変わることがございますので、ご了承下さいませ。 できる限り実際の商品の色合いに近づけておりますので、 ご安心下さい。 カテゴリー |パワーストーン|天然石|ブレスレット|ブレス|パワーストーン ブレスレット クリスタルチューナー ストラップ 浄化セット 天然石 ブレスレット 音叉 サンキャッチャー 浄化 ギフト プレゼントテクタイトのその成分・構造は地球上では生成されたものではないような 不思議な物質と言われています。 周囲との調和が難しい時や孤独感にさいなまれ くじけそうな時や未来への不安を感じる時のお守りに良いとされています。 積極性や行動力や新しいアイデアを与えてくれるそうです。 天眼石は瑪瑙(めのう)の一種で縞模様のあるもので、 チベットでは「天から降ってきた神の眼 」と崇められています。 色は白?黒っぽいものまであり、模様の出方も様々です。 邪気を払いのけて幸運へと導くお守り石として、 また、強運・仕事運・財運のパワーストーンとしても愛されています。 スモーキークォーツは、"肉体と精神安定"を司るパワーストーンです。 厄除け、魔除け、希望を照らす石として伝承されています。 また、財産運や不動産運、癒し効果、緊張を和らげる リラックス効果があるとされ、不安や恐怖、喪失感から心を開放して、 心の強さを養ってくれるといわれています。 グレーオーラは、水晶に特殊技法で金をコーティングした石であり、 「落ち着き」「穏やかな心」など、水晶のパワーをよりアップしていると いわれています。 ヘマタイトは自信と活力をもたらし、生命力を活性化し、『勝利と成功に導くパワーストーン』と伝承されています。 表面は黒いパワーストーンですが、切断すると真っ赤な断面が見えるというユニークな性質があります。 ※天然石の為、若干のヘコミやクラック等がある場合が御座いますが、天然ならではの風合いとしてご理解下さいませ。 天眼石 スモーキークォーツ ヘマタイト

天然石 パワーストーン cocoro堂

ギベオン隕石 アイアン メテオライト シルバー 1粒売り 粒売り シルバー ナミビア 鉄隕石 隕石 ナミビア ウィドマンシュテッテン

小さな頃、願い事を叶えたい一心で夜空を見上げ「流れ星」を探していたあの日。 不思議と「探す」と見つかりません。 偶然「流れ星」を発見しても、「あっ」と思った瞬間燃え尽きていたあの日。 そうゆう時に限って「願い事」は忘れています。 それなら、隕石(流れ星)を実際に手に入れて願ってみてはいかがでしょうか。 昔なら「流れ星」を手に入れる事こそが「願い事」だったのかもしれません。 そんな子供の頃の夢や希望が内包する「流れ星」を両手で握りしめると、「当時の自分」を垣間見る事ができるかもしれません。 ギベオンは、1936年にナミビア共和国(アフリカ南部)のギベオンというところで発見された、主に鉄とニッケルから成る鉄隕石(アイアンメテオライト)です。 約4億5千万年前に地球に落下したと考えられています。 日本では、隕石は天意を表すため、ご神体となったり、神事や祭事などで使われてきました。 ギベオンと言えばウィドマンシュテッテン構造と言われる神秘的な模様が特徴ですが、これはニッケルと鉄の混合物が300〜900℃で 100,000気圧という環境、つまり惑星の中心部のような環境化で100万年かけて数度温度が下がる過程において、鉄とニッケル成分が分離をはじめます。 その結果、研磨したギベオンを酸につける事で、溶け具合の差で模様ができます。 これがウィドマンシュテッテン構造と呼ばれる模様なのです。 この酸につける手法をエッチングと呼ぶのですが、このウィドマンシュテッテン構造こそがギベオンが地球外、それもおそらくは星の中心的環境下において生成されたも のだといわざるをえない理由となっています。 ギベオンを含め、鉄隕石は実際に量りなどで測る重さよりも持った時に重く感じるようです。 これはやはり隕石が地球に引かれて落ちてきたことと関係が深いのだと思われます。 基本的に主成分が鉄とニッケルである為、錆を防ぐ為に加工品にはロジウム等でコーティングされます。 同じ隕石(メテオライト)では他にカンボデルシエロ(アルゼンチン)が知られています。 本品はギベオン隕石メテオライト粒売りです。 ※お値段は1粒の価格です。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 ナミビア 粒径 約5.6mm-6.4mm ビーズ表面 ロジウムカラーコーティング 宝石鑑別書ブログ True Stone 天然石の真実

True Stone

●今回は小さめタイプ【テクタイト原石 詰め合わせ】約100gパック サイズの平均約10mm-30mm カルマの浄化 隕石の衝突により生まれるパワーストーン 【ベトナム産】sai 2023年7月入荷の画像あり

サイズ 1袋約100グラム、幅約10ミリ-30ミリ。 産地 ベトナム産 商品説明 テクタイト原石 セット 激レアなベトナム産のテクタイト原石さざれが入荷致しました! ※今回入荷の画像は最後の3枚となっております。小皿に載っている量が実際にお届けされる100gです。今までのタンブルタイプよりも小さめで、ハンドメイドに加工しやすいサイズとなっております。 薄い部分はペンライトの光で透かせば、モルダバイトの様に濃いグリーンに見えるものもあります! テクタイトは隕石の衝突によって作られる天然ガラスの総称で、モルダバイトやリビアングラスなどもこれに含まれます。 テクタイトの形成については諸説あるなか、最も有力な説として、隕石が地上に落下した際に生まれた膨大な熱量と衝撃により地上の物質と隕石の成分が融解し、急冷して固まった天然ガラスだと言われています。 宇宙との繋がりを強め、潜在的な問題を顕在化し、カルマを浄化すると云われます。 また自分自身のヒーリングにも有用とされています。 ※粒の大きさは目安です。さざれ石といった特性上、サイズのばらつきはございます。 ※天然石の加工品ですので、多少の欠け等はございます。ご了承くださいませ。(空輸や輸送時の欠け防止のため艶出し剤などが吹きかけてありますので、多少薬剤の匂いがします) ※大量生産の商品ですので、内容量には細かな誤差がございます。 ※さざれの小分け(量り分け)を当社の地元であります愛知県の就労継続支援B型事業所リーフさんにお願いしています。 様々な社会貢献活動に挑戦していけるよう、天然石さくらコムローズは努力いたします。今後ともご愛顧くださいますようよろしくお願いします。 癒しの雑貨と、天然石・パワーストーンのお店 > ComRose TOPページへ     

ComRose

隕石 サハラ NWA869 メテオライト ペンダントトップ 6.5mm 磁性あり コンドライト 石質隕石 鉄 ニッケル

サハラ NWA869 隕石 アルジェリアとモロッコの国境沿いにあるサハラ砂漠で発見されるコンドライトを「NWA869」と呼びます。 NWA869は、今から約13億年前に火星に隕石が衝突し、その衝撃によって火星表面の奥深くにあった岩石が弾き飛ばされて地球に落下したものと言われています。 本品の最大の特徴はビーズ表面に鉄・ニッケルが確認できる点です。 石質隕石に鉄ニッケルが多く含有した事により微磁性を帯び、シルバーの模様が出てきており、石質隕石であるサハラNWA869としては非常に珍しい部類に属します。 ビーズ加工するために原石を磨いた結果、コンドライト内部に含有していた鉄ニッケルが表面に現れたのでしょう 小さなシルバー模様なので10倍ルーペで確認しないと分かり辛いですが茶系の石質の中にシルバーが漂う姿は幻想的で美しいです。 また、鉄・ニッケルを含んでいるので微磁性があり磁石にくっつきます。 ※お写真5枚目・6枚目・7枚目の参考写真で本品を写した物ではございませんが、「微磁性がある」事と「鉄・ニッケルのシルバー模様」が存在する事は確認済みで販売しています。 本品が到着しましたら微磁性がある事と鉄ニッケル模様をご自身の目でお確かめ下さい。 きっと、地球外からやって来た隕石である事を実感されるでしょう。 本品はNWA869隕石ビーズにシルバー925のヒートンバチカンを通しペンダントトップにしました。。 バチカンにはキュービックジルコニアが7石付いておりキラキラと輝きます。 尚、お写真(5枚目・6枚目)は参考写真で磁石・鑑別書・NWA869ブレスレットは付属しませんのでご注意下さいませ。 また、お写真に写るチューンも付属しませんのでご注意下さいませ。 ご要望によりお写真7枚目の鑑別書を付ける事も出来ますのでご希望の方はお気軽にご相談下さいませ。 お写真のようなペンダントトップをランダム発送にてお届け致します。 産地 サハラ砂漠 粒径 約6.5mm 全長 約20mm(バチカン込み) バチカン幅 約8.8mm バチカン開口サイズ 約2.5mm×2mm ※天然隕石を研磨し加工しているため、クラック、欠け、くぼみ、傷等がある場合がございます。 ブログ 隕石 True Stone 天然石の真実

True Stone

ギベオン隕石 アイアン メテオライト ブレスレット シルバー ナミビア 鉄隕石 隕石 ナミビア ウィドマンシュテッテン

小さな頃、願い事を叶えたい一心で夜空を見上げ「流れ星」を探していたあの日。 不思議と「探す」と見つかりません。 偶然「流れ星」を発見しても、「あっ」と思った瞬間燃え尽きていたあの日。 そうゆう時に限って「願い事」は忘れています。 それなら、隕石(流れ星)を実際に手に入れて願ってみてはいかがでしょうか。 昔なら「流れ星」を手に入れる事こそが「願い事」だったのかもしれません。 そんな子供の頃の夢や希望が内包する「流れ星」を両手で握りしめると、「当時の自分」を垣間見る事ができるかもしれません。 ギベオンは、1936年にナミビア共和国(アフリカ南部)のギベオンというところで発見された、主に鉄とニッケルから成る鉄隕石(アイアンメテオライト)です。 約4億5千万年前に地球に落下したと考えられています。 日本では、隕石は天意を表すため、ご神体となったり、神事や祭事などで使われてきました。 ギベオンと言えばウィドマンシュテッテン構造と言われる神秘的な模様が特徴ですが、これはニッケルと鉄の混合物が300〜900℃で 100,000気圧という環境、つまり惑星の中心部のような環境化で100万年かけて数度温度が下がる過程において、鉄とニッケル成分が分離をはじめます。 その結果、研磨したギベオンを酸につける事で、溶け具合の差で模様ができます。 これがウィドマンシュテッテン構造と呼ばれる模様なのです。 この酸につける手法をエッチングと呼ぶのですが、このウィドマンシュテッテン構造こそがギベオンが地球外、それもおそらくは星の中心的環境下において生成されたも のだといわざるをえない理由となっています。 ギベオンを含め、鉄隕石は実際に量りなどで測る重さよりも持った時に重く感じるようです。 これはやはり隕石が地球に引かれて落ちてきたことと関係が深いのだと思われます。 基本的に主成分が鉄とニッケルである為、錆を防ぐ為に加工品にはロジウム等でコーティングされます。 同じ隕石(メテオライト)では他にカンボデルシエロ(アルゼンチン)が知られています。 本物のアイアンメテオライトギベオンではございますが有料(8,000円税別)で宝石鑑別書をお付け致します。 ※最後のお写真が宝石鑑別書ですが本品には付属しないのでご注意下さい。 お日にちが10日~14日前後掛かります。 鑑別書をご希望のお客様はスライドボタンでお選び下さい。 【※選択された鑑別書の料金は買い物かごには反映されません。 また、お客様に届く自動配信メールでもスライドボタンによる追加分の価格が反映されませんのでご注意下さい。 ご注文が当店に届き次第、追加分の価格をプラスして改めて当店からご請求金額のメールを致します。】 サイズ調整も承りますのでお気軽にご相談下さい。 ※小さくする場合は無料で余りのビーズは商品と一緒にお送りします。 サイズを大きくする場合は有料で承ります。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 ナミビア 粒径 約6mm-6.3mm 重量 約28g 腕回り 約156mm ビーズ表面 ロジウムカラーコーティング 宝石鑑別書ブログ True Stone 天然石の真実

True Stone

天然ガラス テクタイト ブレスレット 10mm ブラックテクタイト パワーストーン 天然石 隕石 メテオライト

テクタイトは長い間、宇宙から地球に飛来した隕石(メテオライト)そのものと考えられてきました。 しかし、今では隕石の衝突により地上物質が超高温状態になって吹き上げられ、冷えて固まったものであるという説が有力です。 そのため、鉱物のように結晶しているわけではなくガラス質です。 テクタイトの多くは黒っぽい色をしており、溶岩のように表面に小さな穴が空いていたりします。 こうしたタイプのテクタイトは、主に中国、チベット、インドシナ方面で発見されます。 また、チェコで採取される濃い緑色のテクタイトは「モルダバイト」と呼ばれ、サハラ砂漠で見つかる黄色っぽいテクタイトは「リビアングラス」と呼ばれます。 テクタイトの特徴をご紹介します。 最後の写真は左がテクタイト原石で右がブレスレットです。 テクタイトの原石は表面に大量のオウトツがあるのでビーズにした場合にもそれらが残ることがわかるかと思います。 赤い○で囲んでいる所など原石と同じ様な大きなクボミがあります。 その他小さなクレーター状の粒粒が大量に確認でき、これらが存在することがテクタイトである事の証明にもなります。 逆に考えますとこれらがなくツルツルの場合は本当にテクタイトなのか疑問が残ります。 テクタイトのビーズ表面に傷、クボミ等が原石由来の物となります。 本品は黒っぽい色をしているテクタイトで表面はクレーター・くぼみ・欠けがあり変形したビーズも見受けられますが見た瞬間「テクタイト」と分かるブレスレットです。 「美しい」とは無縁の風体ですが隕石衝突により土という鉱物が天然ガラス化したのですから驚きですよね。 腕回りが小さい場合は別料金で同じテクタイトを使用して大きくする事も出来ますのでお気軽にご相談下さい。 お写真のようなテクタイトをランダム発送でお届けいたします。 産地 タイ 粒径 約10mm 重量 約25g 粒数 20粒 腕周り 約163mm-167mm True Stone 天然石の真実

True Stone

鑑別書付き リビアングラス 原石 31.31g リビアンデザートグラス リビアンガラス テクタイト クリストバライト シリカガラス

リビアンデザートグラス・リビアングラス 本物はどっち?【True Stone 天然石の真実】 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 リビアングラスの起源については隕石衝突による「衝撃波」よって生成されたという説の他、地球近傍天体(NEO)と呼ばれる小惑星が爆発し大気中にエネルギーを蓄積するときに起こる100メガトン級(TNT火薬1億トン相当)の「エアバースト」(空中爆発)で生成されたという説もあり議論されてきました。(※因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャークレーターがTNT火薬20,000トン相当)  どちらにしても砂漠の砂が溶解し、再び固まる事でリビアングラスが誕生した事は間違いのない事実です。 起源は「衝撃波」か「エアバースト」かは分からないままでしたが2019年5月2日、米国地質学会の学術雑誌「ジオロジー」で研究成果が公開されました。 それによると、リビアングラスに内包されるケイ酸塩鉱物の一種「ジルコン」を分析すると高圧と高温にさらされたときにだけ生成される非常にまれな鉱物「レイダイト」を発見されたとの事でした。 レイダイトは地球上に存在する8つの隕石クレーターのみからしか見つかっていない特殊な鉱物で隕石衝突による衝撃波によってのみ生成される高圧鉱物だったのでした。 レイダイトの痕跡があった事はリビアングラスが隕石衝突によって生成された証と言えます。 また、この研究結果ではリビアングラスにおいて100メガトン級の空中爆発があったことを示す地質記録は見つかっていないとの事で隕石衝突と言う事で現在は結論づいたようです。 リビアングラスは今から約2900万年前に隕石の衝突により形成された天然ガラスで二酸化ケイ素(シリカ)SiO2成分のみで形成されている事から天然シリカガラスとも言われています。 天然シリカガラスを形成させるには1,600度を超える温度が必要なのですが、これは地球上のどの火成岩よりも高い温度での形成です。 興味深い事にリビアングラス内にはクリストバライトと呼ばれる白い粒粒が内包する事があります。 クリストバライトは高温鉱物のため天然シリカガラス内に残ったと考えられています。 リビアングラスを真贋するうえでこの「クリストバライト」は極めて重要な存在となり、この鉱物がリビアンに内包していれば本物のリビアンとなります。 ただし、クリストバライトが内包するリビアングラス自体が少ないのでそれだけで真贋を判断するには難しい状況です。 それなら鑑別書付きを購入するか、クリストバライトが必ず内包するリビアングラスを購入するのも1つの手段です。 この白い粒粒ですがリビアンのシャンパンゴールドの色にホワイトがクッキリと浮かび映えます。 私などクリストバライトが内包しないと何かリビアンらしさが出ていないように感じています。 これらも透明度が抜群という条件が必要なのですが。 リビアングラスは状態と品質でピンキリの価格です。 「これなら欲しい」と思えるリビアンに出会えたならば、それがあなたにとってのツタンカーメン胸飾り「スカルベ」になる事でしょう。 本品は透明度は比較的高く、雪の結晶のような真っ白な粒粒(クリストバライト)がたくさん内包する稀少価値が極めて高いリビアングラスです。 天然ガラス表面には隕石で見られるレグマグリプツに似た指で押したような「くぼみ」や深く彫ったような穴が確認出来ます。 正に地球上では生成しえない神秘的な形をしています。 鑑別書が付属します。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 リビア砂漠 縦  約38.70mm 横  約34.87mm 厚さ 約24.27mm 重量 約31.31g

True Stone

鑑別書付き リビアングラス 原石 42.31g リビアンデザートグラス リビアンガラス テクタイト クリストバライト シリカガラス

リビアンデザートグラス・リビアングラス 本物はどっち?【True Stone 天然石の真実】 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 リビアングラスの起源については隕石衝突による「衝撃波」よって生成されたという説の他、地球近傍天体(NEO)と呼ばれる小惑星が爆発し大気中にエネルギーを蓄積するときに起こる100メガトン級(TNT火薬1億トン相当)の「エアバースト」(空中爆発)で生成されたという説もあり議論されてきました。(※因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャークレーターがTNT火薬20,000トン相当)  どちらにしても砂漠の砂が溶解し、再び固まる事でリビアングラスが誕生した事は間違いのない事実です。 起源は「衝撃波」か「エアバースト」かは分からないままでしたが2019年5月2日、米国地質学会の学術雑誌「ジオロジー」で研究成果が公開されました。 それによると、リビアングラスに内包されるケイ酸塩鉱物の一種「ジルコン」を分析すると高圧と高温にさらされたときにだけ生成される非常にまれな鉱物「レイダイト」を発見されたとの事でした。 レイダイトは地球上に存在する8つの隕石クレーターのみからしか見つかっていない特殊な鉱物で隕石衝突による衝撃波によってのみ生成される高圧鉱物だったのでした。 レイダイトの痕跡があった事はリビアングラスが隕石衝突によって生成された証と言えます。 また、この研究結果ではリビアングラスにおいて100メガトン級の空中爆発があったことを示す地質記録は見つかっていないとの事で隕石衝突と言う事で現在は結論づいたようです。 リビアングラスは今から約2900万年前に隕石の衝突により形成された天然ガラスで二酸化ケイ素(シリカ)SiO2成分のみで形成されている事から天然シリカガラスとも言われています。 天然シリカガラスを形成させるには1,600度を超える温度が必要なのですが、これは地球上のどの火成岩よりも高い温度での形成です。 興味深い事にリビアングラス内にはクリストバライトと呼ばれる白い粒粒が内包する事があります。 クリストバライトは高温鉱物のため天然シリカガラス内に残ったと考えられています。 リビアングラスを真贋するうえでこの「クリストバライト」は極めて重要な存在となり、この鉱物がリビアンに内包していれば本物のリビアンとなります。 ただし、クリストバライトが内包するリビアングラス自体が少ないのでそれだけで真贋を判断するには難しい状況です。 それなら鑑別書付きを購入するか、クリストバライトが必ず内包するリビアングラスを購入するのも1つの手段です。 この白い粒粒ですがリビアンのシャンパンゴールドの色にホワイトがクッキリと浮かび映えます。 私などクリストバライトが内包しないと何かリビアンらしさが出ていないように感じています。 これらも透明度が抜群という条件が必要なのですが。 リビアングラスは状態と品質でピンキリの価格です。 「これなら欲しい」と思えるリビアンに出会えたならば、それがあなたにとってのツタンカーメン胸飾り「スカルベ」になる事でしょう。 本品は天然ガラス内が透き通り「クリストバライト」が内包する希少価値が極めて高いリビアングラスです。 表面には隕石で見られるレグマグリプツに似た大量の指で押したような「くぼみ」が確認出来ます。 鑑別書が付属します。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 リビア砂漠 縦  約687mm 横  約29mm 厚さ 約28.8mm 重量 約42.31g

True Stone

リビアングラス 原石 11.6g リビアンデザートグラス リビアンガラス テクタイト クリストバライト シリカガラス

リビアンデザートグラス・リビアングラス 本物はどっち?【True Stone 天然石の真実】 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 リビアングラスの起源については隕石衝突による「衝撃波」よって生成されたという説の他、地球近傍天体(NEO)と呼ばれる小惑星が爆発し大気中にエネルギーを蓄積するときに起こる100メガトン級(TNT火薬1億トン相当)の「エアバースト」(空中爆発)で生成されたという説もあり議論されてきました。(※因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャークレーターがTNT火薬20,000トン相当)  どちらにしても砂漠の砂が溶解し、再び固まる事でリビアングラスが誕生した事は間違いのない事実です。 起源は「衝撃波」か「エアバースト」かは分からないままでしたが2019年5月2日、米国地質学会の学術雑誌「ジオロジー」で研究成果が公開されました。 それによると、リビアングラスに内包されるケイ酸塩鉱物の一種「ジルコン」を分析すると高圧と高温にさらされたときにだけ生成される非常にまれな鉱物「レイダイト」を発見されたとの事でした。 レイダイトは地球上に存在する8つの隕石クレーターのみからしか見つかっていない特殊な鉱物で隕石衝突による衝撃波によってのみ生成される高圧鉱物だったのでした。 レイダイトの痕跡があった事はリビアングラスが隕石衝突によって生成された証と言えます。 また、この研究結果ではリビアングラスにおいて100メガトン級の空中爆発があったことを示す地質記録は見つかっていないとの事で隕石衝突と言う事で現在は結論づいたようです。 リビアングラスは今から約2900万年前に隕石の衝突により形成された天然ガラスで二酸化ケイ素(シリカ)SiO2成分のみで形成されている事から天然シリカガラスとも言われています。 天然シリカガラスを形成させるには1,600度を超える温度が必要なのですが、これは地球上のどの火成岩よりも高い温度での形成です。 興味深い事にリビアングラス内にはクリストバライトと呼ばれる白い粒粒が内包する事があります。 クリストバライトは高温鉱物のため天然シリカガラス内に残ったと考えられています。 リビアングラスを真贋するうえでこの「クリストバライト」は極めて重要な存在となり、この鉱物がリビアンに内包していれば本物のリビアンとなります。 ただし、クリストバライトが内包するリビアングラス自体が少ないのでそれだけで真贋を判断するには難しい状況です。 それなら鑑別書付きを購入するか、クリストバライトが必ず内包するリビアングラスを購入するのも1つの手段です。 この白い粒粒ですがリビアンのシャンパンゴールドの色にホワイトがクッキリと浮かび映えます。 私などクリストバライトが内包しないと何かリビアンらしさが出ていないように感じています。 これらも透明度が抜群という条件が必要なのですが。 リビアングラスは状態と品質でピンキリの価格です。 「これなら欲しい」と思えるリビアンに出会えたならば、それがあなたにとってのツタンカーメン胸飾り「スカルベ」になる事でしょう。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 リビア砂漠 縦  約68.6mm 横  約17mm 厚さ 約16mm 重量 約11.6g

True Stone

隕石 サハラ NWA869 メテオライト ブレスレット 6.9mm-7.4mm 磁性あり コンドライト 石質隕石 鉄 ニッケル

サハラ NWA869 隕石 アルジェリアとモロッコの国境沿いにあるサハラ砂漠で発見されるコンドライトを「NWA869」と呼びます。 NWA869は、今から約13億年前に火星に隕石が衝突し、その衝撃によって火星表面の奥深くにあった岩石が弾き飛ばされて地球に落下したものと言われています。 本品の最大の特徴はビーズ表面に鉄・ニッケルが確認できる点です。 石質隕石に鉄ニッケルが多く含有した事により微磁性を帯び、シルバーの模様が出てきており、石質隕石であるサハラNWA869としては非常に珍しい部類に属します。 ビーズ加工するために原石を磨いた結果、コンドライト内部に含有していた鉄ニッケルが表面に現れたのでしょう 小さなシルバー模様なので10倍ルーペで確認しないと分かり辛いですが茶系の石質の中にシルバーが漂う姿は幻想的で美しいです。 また、鉄・ニッケルを含んでいるので微磁性があり磁石にくっつきます。 ※お写真5枚目-6枚目は参考写真で本品を写した物ではございませんが、「微磁性がある」事と「鉄・ニッケルのシルバー模様」が存在する事は確認済みで販売しています。 本品が到着しましたら微磁性がある事と鉄ニッケル模様をご自身の目でお確かめ下さい。 きっと、地球外からやって来た隕石である事を実感されるでしょう。 本品には鑑別書が付属しませんが有料でお写真8枚目のような鑑別書をお付けする事もできますのでご希望の場合はお気軽にご相談下さい。 尚、お写真に写る磁石は付属しませんのでご注意下さいませ。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 サハラ砂漠 粒径 約6.9mm-7.4mm 重量 約15.8g 腕回り 約155mm ※天然隕石を研磨し加工しているため、クラック、欠け、くぼみ、傷等がある場合がございます。 ブログ 隕石 True Stone 天然石の真実

True Stone

鑑別書付き リビアングラス 原石 55.21g リビアンデザートグラス リビアンガラス テクタイト クリストバライト シリカガラス

リビアンデザートグラス・リビアングラス 本物はどっち?【True Stone 天然石の真実】 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 リビアングラスの起源については隕石衝突による「衝撃波」よって生成されたという説の他、地球近傍天体(NEO)と呼ばれる小惑星が爆発し大気中にエネルギーを蓄積するときに起こる100メガトン級(TNT火薬1億トン相当)の「エアバースト」(空中爆発)で生成されたという説もあり議論されてきました。(※因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャークレーターがTNT火薬20,000トン相当)  どちらにしても砂漠の砂が溶解し、再び固まる事でリビアングラスが誕生した事は間違いのない事実です。 起源は「衝撃波」か「エアバースト」かは分からないままでしたが2019年5月2日、米国地質学会の学術雑誌「ジオロジー」で研究成果が公開されました。 それによると、リビアングラスに内包されるケイ酸塩鉱物の一種「ジルコン」を分析すると高圧と高温にさらされたときにだけ生成される非常にまれな鉱物「レイダイト」を発見されたとの事でした。 レイダイトは地球上に存在する8つの隕石クレーターのみからしか見つかっていない特殊な鉱物で隕石衝突による衝撃波によってのみ生成される高圧鉱物だったのでした。 レイダイトの痕跡があった事はリビアングラスが隕石衝突によって生成された証と言えます。 また、この研究結果ではリビアングラスにおいて100メガトン級の空中爆発があったことを示す地質記録は見つかっていないとの事で隕石衝突と言う事で現在は結論づいたようです。 リビアングラスは今から約2900万年前に隕石の衝突により形成された天然ガラスで二酸化ケイ素(シリカ)SiO2成分のみで形成されている事から天然シリカガラスとも言われています。 天然シリカガラスを形成させるには1,600度を超える温度が必要なのですが、これは地球上のどの火成岩よりも高い温度での形成です。 興味深い事にリビアングラス内にはクリストバライトと呼ばれる白い粒粒が内包する事があります。 クリストバライトは高温鉱物のため天然シリカガラス内に残ったと考えられています。 リビアングラスを真贋するうえでこの「クリストバライト」は極めて重要な存在となり、この鉱物がリビアンに内包していれば本物のリビアンとなります。 ただし、クリストバライトが内包するリビアングラス自体が少ないのでそれだけで真贋を判断するには難しい状況です。 それなら鑑別書付きを購入するか、クリストバライトが必ず内包するリビアングラスを購入するのも1つの手段です。 この白い粒粒ですがリビアンのシャンパンゴールドの色にホワイトがクッキリと浮かび映えます。 私などクリストバライトが内包しないと何かリビアンらしさが出ていないように感じています。 これらも透明度が抜群という条件が必要なのですが。 リビアングラスは状態と品質でピンキリの価格です。 「これなら欲しい」と思えるリビアンに出会えたならば、それがあなたにとってのツタンカーメン胸飾り「スカルベ」になる事でしょう。 本品は透明度抜群で、雪の結晶のような真っ白な粒粒(クリストバライト)がたくさん内包する稀少価値が極めて高いリビアングラスです。 天然ガラス表面には「ウィンドアブレージョン」と言う風の風化で出来るオウトツ蝕面が確認できます。(鑑別書の外観特徴に記載されています) また、隕石で見られるレグマグリプツに似た指で押したような「くぼみ」も確認出来ます。 鑑別書が付属します。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 リビア砂漠 縦  約64.73mm 横  約41.32mm 厚さ 約30.26mm 重量 約55.21g

True Stone

鑑別書付き リビアングラス 原石 41.69g リビアンデザートグラス リビアンガラス テクタイト クリストバライト シリカガラス

リビアンデザートグラス・リビアングラス 本物はどっち?【True Stone 天然石の真実】 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 リビアングラスの起源については隕石衝突による「衝撃波」よって生成されたという説の他、地球近傍天体(NEO)と呼ばれる小惑星が爆発し大気中にエネルギーを蓄積するときに起こる100メガトン級(TNT火薬1億トン相当)の「エアバースト」(空中爆発)で生成されたという説もあり議論されてきました。(※因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャークレーターがTNT火薬20,000トン相当)  どちらにしても砂漠の砂が溶解し、再び固まる事でリビアングラスが誕生した事は間違いのない事実です。 起源は「衝撃波」か「エアバースト」かは分からないままでしたが2019年5月2日、米国地質学会の学術雑誌「ジオロジー」で研究成果が公開されました。 それによると、リビアングラスに内包されるケイ酸塩鉱物の一種「ジルコン」を分析すると高圧と高温にさらされたときにだけ生成される非常にまれな鉱物「レイダイト」を発見されたとの事でした。 レイダイトは地球上に存在する8つの隕石クレーターのみからしか見つかっていない特殊な鉱物で隕石衝突による衝撃波によってのみ生成される高圧鉱物だったのでした。 レイダイトの痕跡があった事はリビアングラスが隕石衝突によって生成された証と言えます。 また、この研究結果ではリビアングラスにおいて100メガトン級の空中爆発があったことを示す地質記録は見つかっていないとの事で隕石衝突と言う事で現在は結論づいたようです。 リビアングラスは今から約2900万年前に隕石の衝突により形成された天然ガラスで二酸化ケイ素(シリカ)SiO2成分のみで形成されている事から天然シリカガラスとも言われています。 天然シリカガラスを形成させるには1,600度を超える温度が必要なのですが、これは地球上のどの火成岩よりも高い温度での形成です。 興味深い事にリビアングラス内にはクリストバライトと呼ばれる白い粒粒が内包する事があります。 クリストバライトは高温鉱物のため天然シリカガラス内に残ったと考えられています。 リビアングラスを真贋するうえでこの「クリストバライト」は極めて重要な存在となり、この鉱物がリビアンに内包していれば本物のリビアンとなります。 ただし、クリストバライトが内包するリビアングラス自体が少ないのでそれだけで真贋を判断するには難しい状況です。 それなら鑑別書付きを購入するか、クリストバライトが必ず内包するリビアングラスを購入するのも1つの手段です。 この白い粒粒ですがリビアンのシャンパンゴールドの色にホワイトがクッキリと浮かび映えます。 私などクリストバライトが内包しないと何かリビアンらしさが出ていないように感じています。 これらも透明度が抜群という条件が必要なのですが。 リビアングラスは状態と品質でピンキリの価格です。 「これなら欲しい」と思えるリビアンに出会えたならば、それがあなたにとってのツタンカーメン胸飾り「スカルベ」になる事でしょう。 本品は透明度抜群で、雪の結晶のような真っ白な粒粒(クリストバライト)がたくさん内包する稀少価値が極めて高いリビアングラスです。 天然ガラス表面には「ウィンドアブレージョン」と言う風の風化で出来るオウトツ蝕面が確認できます。(鑑別書の外観特徴に記載されています) また、隕石で見られるレグマグリプツに似た指で押したような「くぼみ」も確認出来ます。 外側に見られる薄い茶色のインクルージョンもクリストバライトで外側に出てくるとこのようなお色に変化します。 鑑別書が付属します。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 リビア砂漠 縦  約61.24mm 横  約29.66mm 厚さ 約26.50mm 重量 約41.69g

True Stone

テクタイト 磨き 20g 詰め合わせセット 天然ガラス パワーストーン 天然石 隕石

天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 ベトナム・カンボジア・ラオス・タイ・ミャンマー等で発見されるテクタイトはインドシナイトと呼ばれて、形成された年代は約79万年前に遡ります。 インドシナ半島でテクタイトが取れる事からどこかにクレーターがあるはずだと何十年以上も探し続けも見つからなかったのですが、最近になってラオス南部ボラベン高原の溶岩の下で発見されました。 その巨大クレーターの直径は13-17kmにおよぶ可能性があるとの事です。 因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャー・クレーターの直径が1.2kmですので如何に巨大かがおわかり頂けるかと思います。 テクタイトはどのようにして生成されたかは今だはっきりとはわかっていませんが、隕石が地上に落下した際に生まれた膨大な熱量と衝撃により地上の物質と隕石の成分が融解し、急冷して固まった天然ガラスだというのが一番有力であるとされています。 そのため、原石の表面には、「ディンプル」と呼ばれる特有のオウトツがみられます。 テクタイトは、ギリシャ語で「融解した」という意味の単語に由来し、宇宙的な意識との繋がりを強め、本来歩むべき人生に近づける為の道しるべとなる石です。 潜在的な問題を顕在化させ、カルマを浄化する助けとなり自分自身のヒーリングにも有用な石です。 本品はテクタイトの表面をポリッシュする事でツルツル・ピカピカに仕上げています。 お写真5枚目は20gの量でお写真7枚目はおおよそのサイズになります。 【お写真に写っているテクタイトを発送致します】 産地 タイ 総重量 約20g サイズと入り数はお写真をご参考にしてください。

True Stone

テクタイト 天然ガラス ブレスレット 8mm パワーストーン 天然石 隕石

テクタイトは長い間、宇宙から地球に飛来した隕石(メテオライト)そのものと考えられてきました。 しかし、今では隕石の衝突により地上物質が超高温状態になって吹き上げられ、冷えて固まったものであるという説が有力です。 そのため、鉱物のように結晶しているわけではなくガラス質です。 テクタイトの多くは黒っぽい色をしており、溶岩のように表面に小さな穴が空いていたりします。 こうしたタイプのテクタイトは、主に中国、チベット、インドシナ方面で発見されます。 また、チェコで採取される濃い緑色のテクタイトは「モルダバイト」と呼ばれ、サハラ砂漠で見つかる黄色っぽいテクタイトは「リビアングラス」と呼ばれます。 テクタイトの特徴をご紹介します。 最後の写真は左がテクタイト原石で右がブレスレットです。 テクタイトの原石は表面に大量のオウトツがあるのでビーズにした場合にもそれらが残ることがわかるかと思います。 赤い○で囲んでいる所など原石と同じ様な大きなクボミがあります。 その他小さなクレーター状の粒粒が大量に確認でき、これらが存在することがテクタイトである事の証明にもなります。 逆に考えますとこれらがなくツルツルの場合は本当にテクタイトなのか疑問が残ります。 テクタイトのビーズ表面に傷、クボミ等が原石由来の物となります。 そのため美しい綺麗なテクタイトをお探しでしたら当店にはございませんので予めご了承下さい。 そのかわり本物のテクタイトをご提供致します。 産地    海南島 粒径    約8mm 重量    約15g 腕周り   約158mm

True Stone

鑑別書付き カンポデルシエロ隕石 メテオライト 988.4g レグマグリプツ 隕石 カンポ デル シエロ 鉄質隕石 カンポ・デル・シエロ

小さな頃、願い事を叶えたい一心で夜空を見上げ「流れ星」を探していたあの日。 不思議と「探す」と見つかりません。 偶然「流れ星」を発見しても、「あっ」と思った瞬間燃え尽きていたあの日。 そうゆう時に限って「願い事」は忘れています。 それなら、隕石(流れ星)を実際に手に入れて願ってみてはいかがでしょうか。 昔なら「流れ星」を手に入れる事こそが「願い事」だったのかもしれません。 そんな子供の頃の夢や希望が内包する「流れ星」を両手で握りしめると、「当時の自分」を垣間見る事ができるかもしれません。 カンポ・デル・シエロはアルゼンチン共和国の北部、チャコ州グランチャコ(Gualamba)に落下した鉄質隕石(メテオライト)です。 1576年、スペインの探検家がその隕石を発見した地は「天の原」"Campo del Cielo"と呼ばれ「空から鉄の塊が降ってきた」という言い伝えが残っていたそうです。 隕石の表面には大気圏を通過する際にできた、窪みや穴(レグマグリプツ)が見られます。 その成分は、鉄92.5%、ニッケル6.68%と、鉄とが大部分を占めることから「鉄質隕石」に分類されます。 さらに鉄隕石は、ニッケルの含有量によってさらに3つのタイプに分かれます。 ニッケルの含有率が6%以下のものを「ヘキサへドライト」、6〜14%のものを「オクタヘドライト」、14%以上のものを「アタクサイト」と言い、カンポ・デル・シエロ隕石は、鉄隕石の中でも「オクタヘドライト」に分類されます。 炭素測定法での計測結果、落下時期は約4000年前〜6000年前という数字がでているとのことですが、小さな隕石に秘められた壮大な宇宙のドラマに思いを馳せずにはいられません。 本品は隕石の特徴であるレグマグリプツ(regmaglypts 隕石特有の指で押したようなくぼみ 拇印)が多数確認できる鉄質隕石です。 レグマグリプツ 2013年2月15日ロシア・チェリャビンスクに落下した小惑星(隕石)の大気圏突入での最高速度は秒速19kmとNASAが発表しているのですが、これが時速では68400kmとなり、1時間で地球を約1.7周回れる速度が出ていた事になります。(因みにF-15戦闘機・通称イーグルで時速3000km) このスピードで隕石が大気圏に突入すると大気が一気に潰され熱が発生する事で隕石が火球と化します。 これは隕石が大気にぶつかる事で生じた「摩擦熱」で発火したのでなく「断熱圧縮」と呼ばれる空気中の分子同士が、激しくぶつかり合って生じた熱で発火していたのです。 話を戻し「断熱圧縮」により生じた強烈な熱と大気を巻き込み隕石の部分部分が融解する事で残った「指で押した拇印」のような形をレグマグリプツと呼びます。 このレグマグリプツの数が多い事と隕石の形が変形していればいる程高く評価され価値が上がっていきます。 ※上記の写真は「レグマグリプツ」の説明で掲載した物で本商品とは一切関係がございませんのでご注意下さいませ。 大気圏を越え燃え尽きる事なく奇跡的に地上に辿り着いた「流れ星」をご自身の手で握りしめてみませんか。 鑑別書が付属します。 錆び防止のため「錆止めスプレー」をして放湿庫に保存しますので少し錆止めの匂いが残る可能性がございます。 カンポデルシエロ隕石 鑑別書2通届きました 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 アルゼンチン 縦  約120mm 横  約64mm 厚さ 約50mm 重量 約988.4g プラスティック製の台座が付属しますが傷がありますのでご了承下さい。

True Stone

鑑別書付き パラサイト隕石 ペンダントトップ 21.36g 本物 石鉄隕石 隕石 ペリドット パラサイト かんらん石

セリコ・パラサイト隕石 セリコ・パラサイト隕石は2016年にケニアのセリコで発見され、2017年にパラサイトと認められた隕石です。 地球上に落下した全ての隕石の中でもパラサイト隕石は僅か2%弱しか存在しない大変希少な隕石で鉄とニッケルが混ざった合金の間を縫うようにかんらん石(ペリドット)が存在します。 鉄ニッケルは「鉄」オリビンは「石」なので隕石の分類では「石鉄隕石」にあたり、この構造をもった隕石の事をパラサイト隕石と呼ばれています。 パラサイト隕石ペンダントトップの美しさは光を透過する事です。 薄くスライスされたパラサイトの鉄・ニッケルの部分は光を通さずペリドットの部分は光を通します。 それはまるで色鮮やかなステンドグラスに太陽光が射し込むとガラスの模様と色が浮かび上がる幻想的な光景のようです。 光りをパラサイトの後ろから当てたお写真がありますのでその美しさをご確認下さい。 セリコ・パラサイトの回収量は約4000kgでこれ以上増える事は皆無で減っていく一方なのですが実際に販売されている数は今でも膨大で、今までに売れた数(2017年-2022年)は更に膨大です。 本当にこれらが全て「天然隕石」なのか疑問に思う程見つかります。 もしかすると人口的に作成された「人口隕石」が混ざっているのではと思い日本彩珠宝石研究所の飯田先生にお伺いした所、「人工的に隕石を地球上で作成する事も可能。」とのお話でした。 その為当店ではパラサイト石鉄隕石に鑑別書を付けて販売する事に致しました。 こちらは間違いのない本物パラサイト石鉄隕石なので安心してご購入下さいませ。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 ケニア セリコ バチカン シルバー925(ロジウムメッキ) 縦  約42mm 横  約32mm 厚さ 約11.4mm 重量 約21.36g サイズはバチカン込みで測定しています。 パラサイト石鉄隕石 まんま原石付き鑑別しました アフリカ・ケニア・セリコ パラサイト隕石を鑑別してみました 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実

True Stone

天然石&ラーヴァビーズ アロマセラピーパワーブレスレット 腕輪 天然エッセンシャルオイルミニボトル付き

こちらは今、人気のおしゃれな演出をしながら、天然石のエネルギーも受け取りながら、同時にアロマセラピーの自然のエッセンシャルオイルの香りと効果でダブルの楽しみを味わえる、アロマセラピービーズブレスレットです。 シックな黒いラーヴァビーズをメインとして、フォーカルポイント(中心)に天然ローズクオーツ、クリアクオーツクリスタルビーズ、そして神秘的なシラーを走らせるブルーのキャッツアイビーズが使用されて、ストレッチコードに繋げて作成されています。 このブレスレットは付属のミニエッセンシャルオイルボトルのオイルを黒いラーヴァビーズの部分に一滴か二滴垂らして身に付けることによって、心地よいアロマが身の回りを包み、自然のヒーリング効果、リラクゼーション効果を受け取ると同時に、プロテクション効果もあります。 あなたの好きなエッセンシャルオイルを使用して、愛を招くアロマセラピーブレスレット、ネガティビティーを排除するプロテクションブレスレット、虫避けのためのブレスレット、心を平安に保つブレスレットなどと楽しむことが出来ます。 香りは薄くなったら、何度でもオイルを垂らして使用することが出来ます。 シンプルで、どんなファッションにも合う、スピリチュアルエッセンスも兼ねた、プレゼントにもお勧めのヒーリング&クリスタルパワーブレスレットです。サイズは内径17センチ、ローズクォーツ12ミリ、クリアクォーツ5ミリ、キャッツアイビーズ10ミリです。 ★☆★K.Angel★☆★ 商品説明素材 ローズクォーツ、クリアクォーツ、キャッツアイビーズ、ラーヴァビーズサイズ寸法 内径17センチ、ローズクォーツ12ミリ、クリアクォーツ5ミリ、キャッツアイビーズ10ミリ 注意 実際の商品は写真とは色が異なる場合がございます。クリックポスト便。 関連商品■こんな物を探している方にご利用されています■ アゼツライト、モルダバイト、アゾゼオ、NYチャネリング、1点もの、エンジェルグッズ、ワイヤーラップペンダント、サチャロカクォーツ、カサクリスタル、チャクラストーン、アミュレット、ジェムストーン原石,ワンド、ペンジュラム、水晶クラスター、ハーキマーダイヤモンド、フェナカイト、レムリアンシード、ヘブン&アース社製品、プログラミング済パワーストーン 、フェナサイト、天然石、ヒマラヤ水晶、オーラライト、手作りオリジナルアクセサリー、オーダーメイドジュエリー、K.Angel’sブレッシングストーン、プロスペリティとアバンダンスのストーン、証明書付ストーン、ブラジル産水晶、サチャロカアゼツライト、アセンシオンストーン、スターリングシルバーペンダント、オリジナルブレスレット、アーカンソー産クリアクォーツクラスター、ガネーシャ像、女神像、お気に入りの香りをいつでも身にまとうことができるブレスレット

天使の石DivineAngelPlace

鑑別書付き リビアングラス 原石 49.01g リビアンデザートグラス リビアンガラス テクタイト クリストバライト シリカガラス

リビアンデザートグラス・リビアングラス 本物はどっち?【True Stone 天然石の真実】 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 リビアングラスの起源については隕石衝突による「衝撃波」よって生成されたという説の他、地球近傍天体(NEO)と呼ばれる小惑星が爆発し大気中にエネルギーを蓄積するときに起こる100メガトン級(TNT火薬1億トン相当)の「エアバースト」(空中爆発)で生成されたという説もあり議論されてきました。(※因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャークレーターがTNT火薬20,000トン相当)  どちらにしても砂漠の砂が溶解し、再び固まる事でリビアングラスが誕生した事は間違いのない事実です。 起源は「衝撃波」か「エアバースト」かは分からないままでしたが2019年5月2日、米国地質学会の学術雑誌「ジオロジー」で研究成果が公開されました。 それによると、リビアングラスに内包されるケイ酸塩鉱物の一種「ジルコン」を分析すると高圧と高温にさらされたときにだけ生成される非常にまれな鉱物「レイダイト」を発見されたとの事でした。 レイダイトは地球上に存在する8つの隕石クレーターのみからしか見つかっていない特殊な鉱物で隕石衝突による衝撃波によってのみ生成される高圧鉱物だったのでした。 レイダイトの痕跡があった事はリビアングラスが隕石衝突によって生成された証と言えます。 また、この研究結果ではリビアングラスにおいて100メガトン級の空中爆発があったことを示す地質記録は見つかっていないとの事で隕石衝突と言う事で現在は結論づいたようです。 リビアングラスは今から約2900万年前に隕石の衝突により形成された天然ガラスで二酸化ケイ素(シリカ)SiO2成分のみで形成されている事から天然シリカガラスとも言われています。 天然シリカガラスを形成させるには1,600度を超える温度が必要なのですが、これは地球上のどの火成岩よりも高い温度での形成です。 興味深い事にリビアングラス内にはクリストバライトと呼ばれる白い粒粒が内包する事があります。 クリストバライトは高温鉱物のため天然シリカガラス内に残ったと考えられています。 リビアングラスを真贋するうえでこの「クリストバライト」は極めて重要な存在となり、この鉱物がリビアンに内包していれば本物のリビアンとなります。 ただし、クリストバライトが内包するリビアングラス自体が少ないのでそれだけで真贋を判断するには難しい状況です。 それなら鑑別書付きを購入するか、クリストバライトが必ず内包するリビアングラスを購入するのも1つの手段です。 この白い粒粒ですがリビアンのシャンパンゴールドの色にホワイトがクッキリと浮かび映えます。 私などクリストバライトが内包しないと何かリビアンらしさが出ていないように感じています。 これらも透明度が抜群という条件が必要なのですが。 リビアングラスは状態と品質でピンキリの価格です。 「これなら欲しい」と思えるリビアンに出会えたならば、それがあなたにとってのツタンカーメン胸飾り「スカルベ」になる事でしょう。 本品は天然ガラス内が透き通り大きな「クリストバライト」が多数内包する希少価値が極めて高いリビアンデザートグラスです。 お写真7枚目をご覧下さい。 リビアン表面には丸く赤っぽい粒粒インクルージョンがありますが、これは白いクリストバライトが外側にあるため色が変化した現象で品質が劣るのではなく、逆に更に珍しいリビアングラスとなります。 表面には隕石で見られるレグマグリプツに似た大量の指で押したような「くぼみ」が確認出来ます。 鑑別書が付属します。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 リビア砂漠 縦  約64.2mm 横  約34mm 厚さ 約25mm 重量 約49.01g

True Stone

鑑別書付き リビアングラス 原石 63.32g リビアンデザートグラス リビアンガラス テクタイト クリストバライト シリカガラス

リビアンデザートグラス・リビアングラス 本物はどっち?【True Stone 天然石の真実】 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 リビアングラスの起源については隕石衝突による「衝撃波」よって生成されたという説の他、地球近傍天体(NEO)と呼ばれる小惑星が爆発し大気中にエネルギーを蓄積するときに起こる100メガトン級(TNT火薬1億トン相当)の「エアバースト」(空中爆発)で生成されたという説もあり議論されてきました。(※因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャークレーターがTNT火薬20,000トン相当)  どちらにしても砂漠の砂が溶解し、再び固まる事でリビアングラスが誕生した事は間違いのない事実です。 起源は「衝撃波」か「エアバースト」かは分からないままでしたが2019年5月2日、米国地質学会の学術雑誌「ジオロジー」で研究成果が公開されました。 それによると、リビアングラスに内包されるケイ酸塩鉱物の一種「ジルコン」を分析すると高圧と高温にさらされたときにだけ生成される非常にまれな鉱物「レイダイト」を発見されたとの事でした。 レイダイトは地球上に存在する8つの隕石クレーターのみからしか見つかっていない特殊な鉱物で隕石衝突による衝撃波によってのみ生成される高圧鉱物だったのでした。 レイダイトの痕跡があった事はリビアングラスが隕石衝突によって生成された証と言えます。 また、この研究結果ではリビアングラスにおいて100メガトン級の空中爆発があったことを示す地質記録は見つかっていないとの事で隕石衝突と言う事で現在は結論づいたようです。 リビアングラスは今から約2900万年前に隕石の衝突により形成された天然ガラスで二酸化ケイ素(シリカ)SiO2成分のみで形成されている事から天然シリカガラスとも言われています。 天然シリカガラスを形成させるには1,600度を超える温度が必要なのですが、これは地球上のどの火成岩よりも高い温度での形成です。 興味深い事にリビアングラス内にはクリストバライトと呼ばれる白い粒粒が内包する事があります。 クリストバライトは高温鉱物のため天然シリカガラス内に残ったと考えられています。 リビアングラスを真贋するうえでこの「クリストバライト」は極めて重要な存在となり、この鉱物がリビアンに内包していれば本物のリビアンとなります。 ただし、クリストバライトが内包するリビアングラス自体が少ないのでそれだけで真贋を判断するには難しい状況です。 それなら鑑別書付きを購入するか、クリストバライトが必ず内包するリビアングラスを購入するのも1つの手段です。 この白い粒粒ですがリビアンのシャンパンゴールドの色にホワイトがクッキリと浮かび映えます。 私などクリストバライトが内包しないと何かリビアンらしさが出ていないように感じています。 これらも透明度が抜群という条件が必要なのですが。 リビアングラスは状態と品質でピンキリの価格です。 「これなら欲しい」と思えるリビアンに出会えたならば、それがあなたにとってのツタンカーメン胸飾り「スカルベ」になる事でしょう。 本品は天然ガラス内が透き通り「クリストバライト」が内包する希少価値が極めて高いリビアングラスです。 ここまでハッキリ・クッキリの白い粒粒が浮かぶ姿はほとんど見かける事はありません。 表面には隕石で見られるレグマグリプツに似た大量の指で押したような「くぼみ」が確認出来ます。 鑑別書が付属します。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 リビア砂漠 縦  約62.6mm 横  約39.5mm 厚さ 約26mm 重量 約63.32g

True Stone

テクタイト 原石 7.1g 天然ガラス パワーストーン 天然石 隕石

天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 ベトナム・カンボジア・ラオス・タイ・ミャンマー等で発見されるテクタイトはインドシナイトと呼ばれて、形成された年代は約79万年前に遡ります。 インドシナ半島でテクタイトが取れる事からどこかにクレーターがあるはずだと何十年以上も探し続けも見つからなかったのですが、最近になってラオス南部ボラベン高原の溶岩の下で発見されました。 その巨大クレーターの直径は13-17kmにおよぶ可能性があるとの事です。 因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャー・クレーターの直径が1.2kmですので如何に巨大かがおわかり頂けるかと思います。 テクタイトはどのようにして生成されたかは今だはっきりとはわかっていませんが、隕石が地上に落下した際に生まれた膨大な熱量と衝撃により地上の物質と隕石の成分が融解し、急冷して固まった天然ガラスだというのが一番有力であるとされています。 そのため、原石の表面には、「ディンプル」と呼ばれる特有のオウトツがみられます。 テクタイトは、ギリシャ語で「融解した」という意味の単語に由来し、宇宙的な意識との繋がりを強め、本来歩むべき人生に近づける為の道しるべとなる石です。 潜在的な問題を顕在化させ、カルマを浄化する助けとなり自分自身のヒーリングにも有用な石です。 本品は当店で貫通穴が開いていますのでご自身でペンダントトップ等色々と加工が可能です。 天然ガラスは脆く、特に貫通穴付近は欠けやすいのでお取り扱いにはご注意下さいませ。 【一点物】お写真に写っているテクタイトを発送致します 産地 タイ 貫通穴 約1.3mm-2.4mm 縦  約34.5m 横  約18.4mm 厚さ 約11mm 重量 約7.1g

True Stone

1点物 カンポデルシエロ隕石 メテオライト ペンダントトップ 5.3g 隕石 カンポ デル シエロ アルゼンチン

カンポ・デル・シエロはアルゼンチン共和国の北部、チャコ州グランチャコ(Gualamba)に落下した鉄質隕石(メテオライト)です。 1576年、スペインの探検家がその隕石を発見した地は「天の原」"Campo del Cielo"と呼ばれ「空から鉄の塊が降ってきた」という言い伝えが残っていたそうです。 隕石の表面には大気圏を通過する際にできた、窪みや穴(レグマグリプツ)が見られます。 その成分は、鉄92.5%、ニッケル6.68%と、鉄とが大部分を占めることから「鉄質隕石」に分類されます。 さらに鉄隕石は、ニッケルの含有量によってさらに3つのタイプに分かれます。 ニッケルの含有率が6%以下のものを「ヘキサへドライト」、6〜14%のものを「オクタヘドライト」、14%以上のものを「アタクサイト」と言い、カンポ・デル・シエロ隕石は、鉄隕石の中でも「オクタヘドライト」に分類されます。 炭素測定法での計測結果、落下時期は約4000年前-6000年前という数字がでているとのことですが、小さな隕石に秘められた壮大な宇宙のドラマに思いを馳せずにはいられません。 本品は1点物でお写真の隕石が届きます。 価格がお安くてもランダム発送品ではどのような形の物が届くかが分からないため購入に踏み切れないと言う声にお答えしました。 隕石だけでなく天然石は形が重要です。 ご自身で「これだ」と思える逸品を選んで下さい。 そこからが「あなた」と「小さな流れ星」との出会いの始まりです。 【お写真に写っている商品を発送致します】 縦 約19.3mm(バチカン込み 約30mm) 横 約15.5mm 厚さ 約8mm 重量 約5.3g 天然隕石のため黒ずみ、サビ等がある場合がございます。 尚、水や汗に弱いのでお取り扱いにはご注意下さい。 カンポデルシエロ隕石 鑑別書2通届きました 天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実

True Stone

ギベオン隕石 アイアン メテオライト ブレスレット シルバー ナミビア 鉄隕石 隕石 ナミビア ウィドマンシュテッテン

小さな頃、願い事を叶えたい一心で夜空を見上げ「流れ星」を探していたあの日。 不思議と「探す」と見つかりません。 偶然「流れ星」を発見しても、「あっ」と思った瞬間燃え尽きていたあの日。 そうゆう時に限って「願い事」は忘れています。 それなら、隕石(流れ星)を実際に手に入れて願ってみてはいかがでしょうか。 昔なら「流れ星」を手に入れる事こそが「願い事」だったのかもしれません。 そんな子供の頃の夢や希望が内包する「流れ星」を両手で握りしめると、「当時の自分」を垣間見る事ができるかもしれません。 ギベオンは、1936年にナミビア共和国(アフリカ南部)のギベオンというところで発見された、主に鉄とニッケルから成る鉄隕石(アイアンメテオライト)です。 約4億5千万年前に地球に落下したと考えられています。 日本では、隕石は天意を表すため、ご神体となったり、神事や祭事などで使われてきました。 ギベオンと言えばウィドマンシュテッテン構造と言われる神秘的な模様が特徴ですが、これはニッケルと鉄の混合物が300〜900℃で 100,000気圧という環境、つまり惑星の中心部のような環境化で100万年かけて数度温度が下がる過程において、鉄とニッケル成分が分離をはじめます。 その結果、研磨したギベオンを酸につける事で、溶け具合の差で模様ができます。 これがウィドマンシュテッテン構造と呼ばれる模様なのです。 この酸につける手法をエッチングと呼ぶのですが、このウィドマンシュテッテン構造こそがギベオンが地球外、それもおそらくは星の中心的環境下において生成されたも のだといわざるをえない理由となっています。 ギベオンを含め、鉄隕石は実際に量りなどで測る重さよりも持った時に重く感じるようです。 これはやはり隕石が地球に引かれて落ちてきたことと関係が深いのだと思われます。 基本的に主成分が鉄とニッケルである為、錆を防ぐ為に加工品にはロジウム等でコーティングされます。 同じ隕石(メテオライト)では他にカンボデルシエロ(アルゼンチン)が知られています。 本品は日本彩珠宝石研究所による宝石鑑別書が付属するギベオン隕石なので安心してご購入頂けます。 【お写真に写っている商品を発送致します】 産地 ナミビア 粒径 約6mm-6.3mm 重量 約27.7g 腕回り 約156mm ビーズ表面 ロジウムカラーコーティング 宝石鑑別書ブログ True Stone 天然石の真実

True Stone

テクタイト 原石 8.9g 天然ガラス パワーストーン 天然石 隕石

天然石の本物・偽物を見極める「鑑別書」 True Stone 天然石の真実 ベトナム・カンボジア・ラオス・タイ・ミャンマー等で発見されるテクタイトはインドシナイトと呼ばれて、形成された年代は約79万年前に遡ります。 インドシナ半島でテクタイトが取れる事からどこかにクレーターがあるはずだと何十年以上も探し続けも見つからなかったのですが、最近になってラオス南部ボラベン高原の溶岩の下で発見されました。 その巨大クレーターの直径は13-17kmにおよぶ可能性があるとの事です。 因みにアメリカ・アリゾナ州のバリンジャー・クレーターの直径が1.2kmですので如何に巨大かがおわかり頂けるかと思います。 テクタイトはどのようにして生成されたかは今だはっきりとはわかっていませんが、隕石が地上に落下した際に生まれた膨大な熱量と衝撃により地上の物質と隕石の成分が融解し、急冷して固まった天然ガラスだというのが一番有力であるとされています。 そのため、原石の表面には、「ディンプル」と呼ばれる特有のオウトツがみられます。 テクタイトは、ギリシャ語で「融解した」という意味の単語に由来し、宇宙的な意識との繋がりを強め、本来歩むべき人生に近づける為の道しるべとなる石です。 潜在的な問題を顕在化させ、カルマを浄化する助けとなり自分自身のヒーリングにも有用な石です。 【お写真に写っているテクタイトを発送致します】 産地 タイ 縦  約14.6mm 横  約47.4mm 厚さ 約13.8mm 重量 約10.6g

True Stone






当画面は、楽天ウェブサービスを利用して作成しています。