毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

本、雑誌、コミックはピグリシリーズYahoo!店で買う



ピグマリオン 今しかできない幼児の算数シリーズ1 2才児のさんすう ピグマリオン 今しかできない幼児の算数シリーズ1 2才児のさんすう

【2才児のさんすうと他の商品の同梱をご希望の方へ】
ご注文前に当ストアまでご相談ください。
-------------------------------------------------------

【対象年齢の目安:2歳〜】
画期的幼児教育法【ピグマリオンメソッド】を考案した伊藤恭先生が書かれた幼児教育本の隠れたロングセラー【2才児のさんすう】

「数は教えるものではなく学ぶものである」という伊藤先生ならではの教えが詰まった一冊で、幼児算数の指導書として多くの保護者様にご愛用いただいています。

本書の魅力は数教育にとどまりません。お子様の心も一緒に伸ばす教育書です。豊かな人格の上に数能力、思考力、想像力、言語能力が育ちます。
いまいちテキストでさんすうが理解できないお子様、指導方法に悩んでいるお母様。本書でもう一度、数の考え方を見直してみませんか。

知育玩具 シールブック おさるのジョージ シールはり 2歳 3歳 4歳 学研ステイフル 知育玩具 シールブック おさるのジョージ シールはり 2歳 3歳 4歳 学研ステイフル

【対象年齢:3歳〜】
世界中で大人気「おさるのジョージ」のシールブック

100ピースのシールを貼ってはがして自由に遊べる!
持ち運びしやすいA5サイズでお出かけにもぴったり!
再剥離可能な台紙で長く使って楽しめます。

同じくだものを貼るなど知育要素も盛り込んだ内容で遊びながらおけいこもできます。

対象年齢:3・4・5歳〜

【サイズ】
パッケージ:250×155×4mm
本体:210×148×4mm

【内容物・仕様】
8ページ(シール4ページ/100ピース)
ヘッダー付OPP袋入

6歳児~ 思考力 パズル 思考力育成問題集 セットA 6歳児~ 思考力 パズル 思考力育成問題集 セットA

【対象年齢の目安:6歳児〜】
思考力育成問題集セットAは、いずれもルールに従って線をつなぐ問題で、迷路が好きなお子様にピッタリの思考力パズルです。

●先を読む力が育つ「にげみち」
●2つのことを同時に考えることでミスが減る「道づくり」
●シンプルに考える力が身に付く「ネットワークI」
●最後の1本を加えて完成を目指す「あみだくじ」
●思考の断片をつなげてループをつくる「城壁づくり」

取り組む中で、「認知スキル」「抽象化スキル」「概念化スキル」「問題解決スキル」が育ちます。
最初は簡単なので、何となくの感覚でも解けますが、後半の問題は、大人でも読み切ることが難しい問題も含まれています。
ぜひ親子でチャレンジしてみてください。

【思考力育成問題集について】
ピグマリオンの数多くある問題集の中から、次世代スキルを伸ばす小学生向けの問題集をPYGLIシリーズとして選びました。
思考力パズルはルールだけ確認したら、あとは子ども自身が1人で考えて答えを出すことができるので、「1人でできた」という達成感が持てます。自信がつくので、難問に対して粘り強さ,集中力が身に付きます。

知育玩具 シールブック おさるのジョージ まるまるシールはり 3歳 4歳 5歳 学研ステイフル 知育玩具 シールブック おさるのジョージ まるまるシールはり 3歳 4歳 5歳 学研ステイフル

【対象年齢:3歳〜】
世界中で大人気「おさるのジョージ」からシールはりカードが登場!
台紙とシールはパッケージの中に収納できるのでお片付けも簡単です。

パッケージにシールの使い方の説明付き
まるのシールをたくさん貼って8種の絵を完成させよう!
余ったシールも自由に貼って楽しめます。

対象年齢:3・4・5歳〜

【サイズ】
ケース:327×225×5mm
本体:210×270mm

【内容物・仕様】
8テーマ(貼る台紙8枚,シール14シート/490片)
穴あきOPP袋入

思考力パズル 思考力育成問題集40 カモシカパズル 影絵(1) 思考力パズル 思考力育成問題集40 カモシカパズル 影絵(1)

【対象年齢の目安:6歳〜】
ーカモシカパズルで建物を作ろう『カモシカパズル 影絵』ー

知育玩具「カモシカパスル」とセットで遊ぶことで、高い3次元空間把握能力を育てることができます。使うパーツ数が増えると難易度も高くなるので、無駄なく効率よくパーツを積むようにしましょう。

取り組む中で、「認知スキル」「問題解決スキル」が育ちます。

「カモシカパズル」は、オプション学具追加にてご購入いただけます。

【思考力育成問題集について】
ピグマリオンの数多くある問題集の中から、次世代スキルを伸ばす小学生向けの問題集をPYGLIシリーズとして選びました。
思考力パズルはルールだけ確認したら、あとは子ども自身が1人で考えて答えを出すことができるので、「1人でできた」という達成感が持てます。自信がつくので、難問に対して粘り強さ,集中力が身に付きます。

最初は簡単なので、何となくの感覚でも解けますが、後半の問題は、大人でも読み切ることが難しい問題も含まれています。
ぜひ親子でチャレンジしてみてください。

6歳児~ 思考力 パズル 思考力育成問題集 セットB 6歳児~ 思考力 パズル 思考力育成問題集 セットB

【対象年齢の目安:6歳児〜】
思考力育成問題集セットBは、数と図形を組み合わせた問題で、数量感覚と計算力が身に付く思考力パズルです。

●公式を覚えずに面積の基礎が学べる「タイル」
●かけ算,わり算や約数の考え方につながる「長方形分割」
●複数の答えを同時に考えることで組み合わせでとらえる「ブロック分割I」
●数字のポジショニングを考えることで思考のバランス感覚が育つ「ブロック分割II」
●5つの記号を集めてペントミノを作る!シンプルだが難しい「ペントミノI」

取り組む中で、「認知スキル」「抽象化スキル」「問題解決スキル」が育ちます。
最初は簡単なので、何となくの感覚でも解けますが、後半の問題は、大人でも読み切ることが難しい問題も含まれています。
ぜひ親子でチャレンジしてみてください。

【思考力育成問題集について】
ピグマリオンの数多くある問題集の中から、次世代スキルを伸ばす小学生向けの問題集をPYGLIシリーズとして選びました。
思考力パズルはルールだけ確認したら、あとは子ども自身が1人で考えて答えを出すことができるので、「1人でできた」という達成感が持てます。自信がつくので、難問に対して粘り強さ,集中力が身に付きます。

お受験準備 幼児 ドリル 能力育成問題集 セットE お受験準備 幼児 ドリル 能力育成問題集 セットE

【対象年齢の目安:4歳, 5歳〜】
●図形能力を高めるトレーニング「重なり図形」
小学校入試によく出てくる「折り紙展開」「折り重なり図形」の前段階にあたる図形の重なりなど、基本的な問題からステップアップできるようになっています。

●シーソーやばねばかりを使って「重さ比べ」
この問題で重要なことは、実際に重い方が下がるということを実物を使って実感させることです。重い,軽いだけではなく、比の考えを使った問題も出てきます。

●ストーリーをイメージする力がつく「聴覚的記憶1」
話を聞きながら、内容を頭の中でイメージしたり、後から再現したりしてみましょう。小学校入試にも頻出単元で、「ことば」や「しりとり」と合わせて言語能力を高めましょう。

●瞬時に数を認識できる「積み木の数1」
積み木を自在に分割し、集合数として考えることで、四則計算のすべての基礎が育成されます。また、ウッディブロックなどの学具と合わせて使うと、より効果的に学べます。

●知識ではなく考える力が育つ「仲間はずれ」
物の名前には、個別のものを表す言葉と、仲間を表す言葉があります。ただ、知識を暗記するのではなく、物事の本質を考える思考力が育成されます。

小学校入試対策 能力育成問題集27 折り紙展開 小学校入試対策 能力育成問題集27 折り紙展開

【対象年齢の目安:4歳〜】
「折り紙展開」は、有名小学校の入試や名門中学入試の難問の中で、折り紙を折ったときにできる折線を問う問題が出るから必要なわけではありません。
折り紙展開の問題を解くために必要な左右対称把握能力は、三次元世界における位置関係把握の大切な座標軸となります。

この問題集の目的は、プリントで解答方法を学ぶことではなく、実際に折り紙を折って、切り取って、開いた形を想像する能力を養うことにあります。折り紙を折ったイメージを持つことのできるよう、まずは実際に折り紙を折って切り取ってどのようになるかを見せてあげてください。

小学校入試対策 能力錬成講座 年長1〜3 小学校入試対策 能力錬成講座 年長1〜3

【対象年齢:年長(5歳,6歳)】
能力錬成講座は、小学校受験をされるご家庭向けの講座です。これまでのピグリシリーズである能力育成問題集,領域別問題集は、単元ごとでしたが、能力錬成講座では、小学校受験の考査内容である「ペーパー,製作課題,運動・音楽,行動観察,面接(口頭試問)」がすべて組み込まれており、この講座を通して志望校合格を目指します。

【講座内容・カリキュラムの例】
「ペーパーテスト」…記憶,位置・思考,数量,構成,知識・常識,言語
「製作課題」…絵画,巧緻性,製作など
「運動・音楽」…ボール投げ,縄跳び,リトミックなど
「行動観察」…身体表現など
「面接(口頭試問)」…自己紹介,お話作りなど
幅広い問題を取り扱っていますので、私立小,国公立小に関わらずカバーできます。
また、お子様用の「解答用紙」と保護者用の「問題・解答」は別冊になっていますので、便利にお使いいただけます。

【こんな方におススメ】
・小学校受験に向けての総復習をしたい方
・ご家庭のペースで入試対策をしたい方
・よりハイレベルな問題に取り組みたい方

小学校入試対策 能力育成問題集20 数と計算1 小学校入試対策 能力育成問題集20 数と計算1

【対象年齢の目安:4歳〜】
数能力を育成する際に、数を数量として認識させること、つまり、ただ単に1,2,3と数えるのではなく、瞬時に数をとらえ、数をかたまりとして認識させる指導はとても大切です。
小学校1年生ぐらいまでの簡単な問題なら手で数を数えても解答できますが、このやりかたでは数を感じることはできませんし、きちんとした数能力を育成することはできません。

数と計算の問題に取り組む際は、1つ1つ数えていくような方法ではなく、2つや4つなど、数がかたまりとして認識できるように指導してください。

小学校入試対策 能力育成問題集3 点描写3 小学校入試対策 能力育成問題集3 点描写3

【対象年齢の目安:4歳〜】
点描写1,2とは違い、線の数が増え、とらえにくい斜めの線も多くなりますが、ある程度点描写に慣れた子供にはぜひチャレンジさせてみてください。このレベルの点描写が難なくできるようになれば、さまざまな能力の向上が目に見えて実感できるようになっているはずです。

後半では絵をモチーフとせず、複雑な線だけで構成された問題も出てくるようになります。図形として認知しづらいので、図形認識に対する能力とともに集中力も必要になってきますが、それらの能力向上には大きな効果があります。

・図形や線をとらえ
・それを頭の中でイメージして
・正確に再現する

点描写に取り組む際は上記の作業が必要になりますが、これは図形能力と密接な関係があります。これらの能力を組み合わせることにより、点描写で線を描いて図形を再現することができるのです。

ピグマリオンで重視する指先能力を鍛えるためには、点描写で必要になる運筆能力を向上させることが重要です。そのためには、まず正確に図形を再現できるように図形能力を向上させてください。

6歳児~ 思考力パズル 思考力育成問題集 40冊セット 6歳児~ 思考力パズル 思考力育成問題集 40冊セット

【対象年齢の目安:6歳児〜】

【思考力育成問題集について】
ピグマリオンの数多くある問題集の中から、次世代スキルを伸ばす小学生向けの問題集をPYGLIシリーズとして選びました。
思考力パズルはルールだけ確認したら、あとは子ども自身が1人で考えて答えを出すことができるので、「1人でできた」という達成感が持てます。自信がつくので、難問に対して粘り強さ,集中力が身に付きます。

ピグマリオン 本物の幼児教育とは ピグマリオン 本物の幼児教育とは

子育ては、体を育てるだけで終わるものではありません。知・徳・体のすべて、体だけではなく心も知能も育てるのが、子育てです。しかし、意識して心と能力を育てる幼児教育をしたいと考えても、どのような幼児教育をおこなえばよいかわからないのが現状です。この本は、今までの幼児教育が持てなかった、心と能力を育てる具体的な方法について書かれています。

心と能力を育てる方法として、「自立心を育てる」「観る力を育てる(空間位置能力の育て方/図形形態能力の育て方)」「数論理能力を育てる(思考力・問題解決能力)」「言語能力を育てる」の4つの領域があり、これらは、いずれも深い関係を持ちながら発達します。この本を読んでいただき、本物の幼児教育の理念・目的・方法について考え始めてくださることを願ってやみません。

*本商品は書店販売はしておりません。数に限りがございますので、おひとり様1冊のみの販売とさせて頂きます。悪しからずご了承ください。

6歳児~ 思考力 パズル 思考力育成問題集 セットE 6歳児~ 思考力 パズル 思考力育成問題集 セットE

【対象年齢の目安:6歳児〜】
思考力育成問題集セットEは、条件整理をテーマにした思考力パズルで、同時に複数のことを考える必要があります。
算数の応用問題を考えるために必要な「論理スキル」と「問題解決スキル」を育てます。

●重なりの部分を考える「落とし穴」
●ヒントから位と数字を当てろ「数当て」
●名探偵のようにヒントから答えを導き出せ「推理」
●条件の範囲から数の組合せを考える「ペントミノII」
●たし算だけなのに意外と難しい「縦横計算II」

取り組む中で、「認知スキル」「抽象化スキル」「概念化スキル」「論理スキル」「問題解決スキル」が育ちます。
最初は初級編ですが、後半の問題は、大人でも読み切ることが難しい問題も含まれています。
ぜひ親子でチャレンジしてみてください。

【思考力育成問題集について】
ピグマリオンの数多くある問題集の中から、次世代スキルを伸ばす小学生向けの問題集をPYGLIシリーズとして選びました。
思考力パズルはルールだけ確認したら、あとは子ども自身が1人で考えて答えを出すことができるので、「1人でできた」という達成感が持てます。自信がつくので、難問に対して粘り強さ,集中力が身に付きます。

小学校入試対策 能力錬成講座 年長4〜6 小学校入試対策 能力錬成講座 年長4〜6

【対象年齢:年長(5歳,6歳)】
能力錬成講座は、小学校受験をされるご家庭向けの講座です。これまでのピグリシリーズである能力育成問題集,領域別問題集は、単元ごとでしたが、能力錬成講座では、小学校受験の考査内容である「ペーパー,製作課題,運動・音楽,行動観察,面接(口頭試問)」がすべて組み込まれており、この講座を通して志望校合格を目指します。

【講座内容・カリキュラムの例】
「ペーパーテスト」…記憶,位置・思考,数量,構成,知識・常識,言語
「製作課題」…絵画,巧緻性,製作など
「運動・音楽」…ボール投げ,縄跳び,リトミックなど
「行動観察」…身体表現など
「面接(口頭試問)」…自己紹介,お話作りなど
幅広い問題を取り扱っていますので、私立小,国公立小に関わらずカバーできます。
また、お子様用の「解答用紙」と保護者用の「問題・解答」は別冊になっていますので、便利にお使いいただけます。

【こんな方におススメ】
・小学校受験に向けての総復習をしたい方
・ご家庭のペースで入試対策をしたい方
・よりハイレベルな問題に取り組みたい方

小学校入試対策 能力育成問題集22 数と計算3 小学校入試対策 能力育成問題集22 数と計算3

【対象年齢の目安:5歳〜】
この本は「能力育成問題集20 数と計算1」、「能力育成問題集21 数と計算2」の続編です。問題のレベルは「数と計算2」と同等レベルですが、本書では全ての問題で指導者が読み上げて解答させるという方式となっています。
本から問題を切り離して使用してください。

小学校入試対策 能力育成問題集39 話の判断1 小学校入試対策 能力育成問題集39 話の判断1

【対象年齢の目安:3歳〜】
文字言語よりも音声言語が中心の言語生活を送っている8歳児までは、大人よりも聴覚に優れており、音声による言語能力指導のほうが効果的です。

大人にはぼんやりとしか聞こえていないことも、子供にはしっかり聞こえています。

つまり、音声言語により、比較する力(多少、大小、高低、長短、軽重、上下など)を育成するのが話の判断の目的です。

小学校入試対策 能力育成問題集24 量と重さ 小学校入試対策 能力育成問題集24 量と重さ

【対象年齢の目安:4歳〜】
ここでいう量とは、「大きさ」「太さ」「厚さ」「広さ」「長さ」「量の多さ(かさ)」「重さ」のことです。
実際に本を並べてどちらが大きいかやどちらが厚いか、コップに水を入れてどちらが多いか・・・など、日常で養える量概念はたくさんあります。
本書の問題も多くは実際に実験のできる問題ばかりです。紙面上で難しければぜひ実際に試して体験させてみてください。

ピグマリオン 小学校入試対策 有名小入試ー出題傾向88ポイントが90分でわかる ピグマリオン 小学校入試対策 有名小入試ー出題傾向88ポイントが90分でわかる

【取り組み方】
小学校の入試問題のすべては、この本にある88ポイントのいずれかに関連があります。
お手元に届いたら、目次で全体像を把握してからお子様と取り組みましょう。
また、取り組み方は下記のステップがおススメです。
(1)保護者が事前に「チェックの前に」を確認する。
(2)お子様と一緒に「問題」を解く
(3)「解答」を確認して丸付けをする
(4)「必勝ポイント」を確認して、間違ったところを復習する
目次にあるチェック欄を利用するとお子様の苦手単元が一目でわかるようになっております。この本で、気になる単元があればPYGLIシリーズで練習しましょう。

【内容例】
●記憶:絵の記憶/模写/色の記憶
●位置・思考:後ろ姿/折り紙展開/系列
●数量:異数発見/積み木の数/一番重いもの
●構成:図形の合成/点描写/線対称
●知識・常識:仲間はずれ/季節感/道徳
●言語:童話・昔話/しりとり/話の判断 など

5歳児 幼児 ドリル 能力育成問題集 セットD 5歳児 幼児 ドリル 能力育成問題集 セットD

【対象年齢の目安:5歳〜】
●ひらがな,カタカナの読み書きの前にまずは「点描写4」
お手本通りに描き写す点つなぎの問題です。「注意力」「構成把握能力」など、知能の発達段階をチェックできるため小学校入試でも頻出単元です。

●高い空間能力と判断力を身につける「折り重なり図形」
この問題を考える際に補助線を引くなどのテクニックでするのではなく、頭の中で図形を折り重ねるイメージを創り上げることで本当の思考力が育ちます。

●経験と量の概念を結びつける「量と重さ」
中盤からは小学校入試でも出てくる問題が出てきます。分かりにくい場合は、親子で一緒にコップなどの実物を用いて、実際に経験させてあげると良いでしょう。

●たし算・ひき算だけでなくかけ算・わり算も!!「数と計算3」
「数と計算1」「数と計算2」の続編となっています。かけ算・わり算の考え方をするためには、数をまとまりで捉える必要があるため、数の理解度チェックに役立ちます。

●時間の感覚を身につけるために「季節感」
幼児期は時間感覚が未発達であるため、物と季節を紐づけることが難しいです。四季が失われがちな現代ですが、まずは日常生活の四季を通して時間感覚を身につけましょう。

小学校入試対策 能力育成問題集2 点描写2 小学校入試対策 能力育成問題集2 点描写2

【対象年齢の目安:3歳〜】
点描写1と同様に、点描写2も初心者向けの教材です。1より問題数は増えていますが、簡単なものも多く、点描写に慣れてきて数をこなしたい場合には最適でしょう。

線が1本でも欠けていたり、点同士がきちんと結ばれていない場合は、最後までできるように指導してあげてください。また、普段はきちんと点描写をこなす子供でも、疲れていたり気分が乗らない日は間違えることも多く、点描写は集中力とも密接な関係があるようです。

小学校入試対策 能力育成問題集6 空間と位置 小学校入試対策 能力育成問題集6 空間と位置

【対象年齢の目安:4歳〜】
・光の方向
・風向き
・水面の姿
・方向知覚
の基礎を学ぶ問題集です。
この問題集をすすめるコツは、実際にやってみることにあります。
たとえば光と影ならば、外に出て、太陽と自分の影の位置を見せてあげるのもよいでしょう。
ピグマリオン教育では、紙の上だけでわかったような気にさせるのではなく、実物を用いてきちんと理解してもらうことを重視しています。
親子で楽しくコミュニケーションをとりながら、光と影について教えてあげてください。

小学校入試対策 能力育成問題集9 位置の記憶3 小学校入試対策 能力育成問題集9 位置の記憶3

【対象年齢の目安:3歳〜】
【使い方】○△×などが描かれたプリントをページごと切り離して、子供に10秒ほど見せます。それから、解答用のプリントを渡してとらえた形を描かせます。

「位置の記憶3」までこなせるようになったら、今までこなしてきた問題と同様のものを、お父さんお母さんで作ってみてください。レベルは自由に調整できるので、子供に合わせたものを考えてあげましょう。もちろん、マス目を増やしてさらに難しい問題にチャレンジさせてみるのもよいでしょう。

マス目を引いて○や×を描き込むだけなので、問題を作るのは簡単です。子供のことは、その親が一番よくわかっているものです。自分の子供に合ったレベルの問題を作ってあげれば、理解も早まります。

小学校入試対策 能力育成問題集18 ことば 小学校入試対策 能力育成問題集18 ことば

【対象年齢の目安:3歳〜】
「ことば」の問題は
○音韻分解
○音節分解
○ことばの意味
などに分けられます。

これらをするにあたり一番大切なことは、どれだけの「ことば」を理解するかが大切です。では、多くの「ことば」を理解するということはどういうことなのでしょう。

文字を覚えれば、文章が理解できるというわけではないように、単語を覚えても文章は理解できません。お子様はどのようにしてお話をするようになりましたか?お母さんやお父さんの話し言葉、呼びかけに反応して反芻するようになったのではないでしょうか。

まず、言語教育は、音声で意味を伝えることから始まります。
そして、物事を正確に、言語的にとらえて表現することも大切です。

それらが十分に発達し始めたら、4〜5歳頃から今までの音声言語を文字言語に置き換えることも、言語能力を高めるには有益でしょう。
そのための問題集が本書です。

この本をよりこなしていくには、現実の物事を言語的にとらえ、表現し、伝達するということを中心として、日常的な言語生活を充実させることが大切です。

小学校入試対策 能力育成問題集32 聴覚的記憶2 小学校入試対策 能力育成問題集32 聴覚的記憶2

【対象年齢の目安:3歳〜】
記憶力の有無は、様々な能力や意欲などの有無だと考えています。
しかし、聴覚的記憶が弱い人は、記憶力というより、言語能力の不十分さが原因です。聴覚的能力とは、話をイメージ化する能力と言ってもいいでしょう。

つまり、話を前から順番に、一語一句間違えなく覚えるよりも、その内容を整理しながら聞き取る能力を鍛えることが、聴覚的記憶を向上させるポイントです。
能力育成問題集18「ことば」、能力育成問題集19「しりとり」などとの併用をおすすめします。

聴覚的記憶1と同じような問題ですが、話の登場人物が増えたり、解答用紙がなく、口頭で解答する問題が出てきます。より、記憶力と情報の振り分けが必要となってきますので、話をイメージすることができるよう訓練をしましょう。